舌苔を取り除く際に絶対に気をつけたい6つのこと

舌苔を取り除く際に絶対に気をつけたい6つのこと口臭の原因には色々ありますが、その一つに舌苔(ぜったい)があります。文字通り舌の上に苔のように張り付いた白い付着物です。舌苔を見てしまうと、歯ブラシなどでゴシゴシ磨きとろうとする方も多いかと思いますが、簡単に取り除くことは避けてください。

なぜなら、舌苔の取り方には注意が必要だからです。それと、舌苔は取り過ぎるとかえって逆効果になることがあるのです。その辺りを踏まえて、舌苔の取り方で絶対に気をつけておきたいことを6つのポイントにまとめていきたいと思います。


スポンサーリンク


 

舌苔を取り除く際に絶対に気をつけたい6つのこと

 

その1 舌苔の正体

 舌苔ができる要因としては食べ物の残りかすや、舌から剥がれた上皮細胞などが考えられます。よって舌苔は細菌であるという考え方もできますが、ここで注意しておきたいのは、舌が正常に働いているからこそ舌苔ができるということです。

舌が正常に機能している時は、舌の前半分が若干白っぽい、舌の後ろ半分が白い状態になります。こういう時は舌苔の取り方に注意するというよりも、むしろ取らないことを心がけてください。

ただし、舌苔が白ではなく黄色っぽかったり黒っぽかったりする場合には、何かしらの異常が考えられます。黄色っぽい場合は喫煙過多や、胃の不調などが考えられます。黒っぽい場合には、高熱や脱水症状、感染症などの可能性があります。こういった状態の場合には病院での検査をおすすめします。

 

その2 白い舌苔

 白い舌苔であれば基本的に問題ないし、取り除く必要もないということを書きましたが、実はこの白さに注意しなければいけません。毎日とは言いませんが、数日おきにでも歯磨き後に舌を鏡で映してみて、「いつもより白いな」とか「舌苔の量が多いな」と感じた時には、ちょっとした問題が起きていると考えた方がよいでしょう。

こういう時には舌苔を取り除いても構いません。ただし舌苔の取り方を間違えると色々と問題が生じてしまいますので、その注意点を見ていきましょう。

 

 その3 歯ブラシ

 冒頭でも書き記したように、歯ブラシなどでゴシゴシと磨くような舌苔の取り方は避けてください。なぜ歯ブラシで舌の表面を擦り取るような取り方はいけないのでしょうか?その理由ですが、まず舌の表面を傷つけてしまうことが問題です。傷ついた舌で雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、この方法は避けてください。最悪の場合は傷だけでなく、味覚機能までおかしくなってしまいます。

舌苔を取り除く場合には歯ブラシではなく舌専用のブラシを使うようにしてください。専用ブラシを使う際にもゴシゴシと擦り取るのではなく、優しく取り除くようにしてください。

スポンサーリンク

 その4 舌苔の間違った取り方

 専用のブラシで舌苔を取り除く場合にも、やたらと舌苔を取るということはやめましょう。舌苔が舌の上に存在するというのが、正しい状態であるということを忘れてはいけません。

舌苔を取り過ぎてしまうことで、生体反応が異常な反応を示し、より早くより多くの舌苔を生成してしまう可能性があります。逆に舌苔ができなくなってしまうようなこともありますので、過剰なまでに舌苔を取り除くようなやり方は絶対に避けてください。

 

 その5 舌苔の正しい取り方

 それでは舌苔の正しい取り方とはどういった方法になるでしょうか?ブラシを使わなくても簡単に、そして舌の表面を傷つけないように舌苔を取る方法がありますのでお伝えしたいと思います。

舌を上あごに押し付け、舌の表面をこすりつけてみてください。このやり方は舌にも優しく、また舌を動かすことで唾液も出やすくなりますので非常に効果的かつ簡単な舌苔の取り方になります。

器具に頼るよりも自然に近い状態で取り除くに越したことはありません。

 

その6 舌苔のケア

 舌苔の正しい取り方を覚えたところで、舌苔を正常な状態に保つために、普段どのようなことに気をつければよいかまとめておきましょう。

・水分不足にならないようにする
・よく噛んで食べる
・舌をよく使うようにする
・よく眠り体調を整える

この4点を心がけてください。

すべてに共通しているのは「唾液をよく出すこと」です。口の中で舌を動かせば唾液は出やすくなります。また疲労時やストレスがたまっている時は唾液不足に陥っていますので、体調を整えることで唾液を出やすくする必要があります。

 

いかがでしたか?

以上6つのポイントにまとめてみましたが、舌苔についておわかりいただけたでしょうか?舌苔は本来存在すべきものです。ですから誤った取り方などをすることは厳禁です。出来る限り唾液だけで流し落とすことが大事です。

専用ブラシを使うのはどうしてもという時だけ、それも擦るのではなく優しく1~2回撫でる程度に抑えましょう。舌苔はなるべく自然の状態を保つこと。これを心がけてください。

 

まとめ

 舌苔を取り除く際に絶対に気をつけたい6つのこと

その1 舌苔の正体
その2 白い舌苔
その3 歯ブラシ
その4 舌苔の間違った取り方
その5 舌苔の正しい取り方
その6 舌苔のケア


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!