下まつげのエクステをする時の5つの注意ポイント

下まつげのエクステをする時の5つの注意ポイント今やまつげのエクステは、女性のメイクに欠かせないものになりつつあります。そしてそのエクステは、上まつげだけでなく下まつげを付けることで、よりいっそうメイクを際立たせることができます。

しかし下まつ毛はすぐに取れやすいといいますが、そんな下まつげをする時の注意ポイントを5つお伝えいたします!


スポンサーリンク


 

下まつげのエクステをする時の5つの注意ポイント

 

自分の下まつげの状態を把握する

 下まつげのエクステは取れやすいといいますが、その理由に上まつげよりも本数が少ないということや、長さが短いということ、さらに左右でまつ毛の本数がかなり違うということもあります。

基本的に下まつげは、上まつげと比べて半分の本数だといわれています。そのため、せっかくエクステをしても取れやすく、早い人で一週間でリペアが必要になってきたりします。

他にも下まつげがあまりに短いと、エクステ自体が不可能だったりすることもあるのです。まずは自分の下まつ毛の状態をよく把握して、場合によってはグルー(接着剤)を多めにつけるといったことや、自分でのセルフエクステではなくプロにお願いするといった対応をとり、自分の下まつげに合わせたエクステをすることが大切となるのです。

下まつ毛のエクステをする時の注意ポイントは、まずは自分の下まつ下の状態を把握するといったことがとても大切なのです。

 

メイクしたままエクステをしない

 注意ポイントとして、メイクをしたままエクステをしないというのがポイントです。メイクをしたままエクステをしてしまうと、その化粧品の油分によってエクステの持続力が弱まってしまいます。つまり取れやすいということです。

下まつげのエクステ自体、もともと取れやすいのですから、さらに取れやすくなるような原因を作らないように気を付けるべきです。他にも指でまつげを触ったりすると、脂質が付いてしまったりします。そうすると、やはりエクステが取れやすくなってしまいますから、うっかり指で下まつげを触ったりしないようにしましょう。

下まつげのエクステをする時には、下まつげが取れやすくならないようにメイクをしたままの状態でエクステをしないように気を付けましょう。

 

グルーを多めにつけるようにする

 グルー(接着剤)を多めにつけるようにするということがあります。結局エクステはグルーによってとれないようになっています。そのため、エクステが取れないようにするためには、グルーの量を調整するということが必要なのです。

下まつげのエクステが取れやすいのは、上まつげに比べて下まつ毛の方が皮膚に触れやすいからです。瞬きをした時などに下まつげ顔の皮膚に触れて、が取れてしまいやすくなるのです。そのことを考えて、ちょっと多めにグルーを付けておくことが効果的だといえるでしょう。しかし、グルーは人によってアレルギーを引き起こすこともあります。また目に触れて結膜炎になることもあるのです。もし何かおかしいな?と思ったら、必ず病院に行くようにしましょう。

下まつげのエクステをする時には、ちょっと多めにグルーをつけるようにしますが、様子がおかしいと思ったら自己判断せずに病院で検査してもらう事が大切だといえるでしょう。

スポンサーリンク

脱毛期を避けるようにする

 まつげが抜ける脱毛期を避けてエクステをするようにするということがポイントです。下まつげのエクステはただでさえ取れやすく、サロンで施術してもらっても、それでも1~2週間でリペアが必要となってしまいます。それなのにまつげが抜ける脱毛期にエクステをしてしまうと、ますます速く取れてしまいます。せっかくエクステをしても無駄となってしまうでしょう。

脱毛期がいつかということはなかなか分からないかもしれません。しかし、毎日顔を洗った時などにタオルにまつげが付いているかどうかということをチェックするようにして、脱毛期がいつかという事を把握することができるでしょう。また、あまりにまつ毛が傷んでいる時も、やはりエクステをすると取れやすくなってしまいます。まつ毛が傷んでいないか、そのあたりもチェックしてエクステをするようにしましょう。

 

長さや太さに気を付ける

 下まつげのエクステをする時の注意ポイントとして、エクステの長さや太さに気を付けるということが必要です。下まつげは上まつげに比べて取れやすいので、あまり負担になるような長めのエクステは、ますます取れやすくなってしまいます。また、上まつげと同じように長めのエクステをしてしまうと「いかにもエクステ!」という感じがして、人工的な印象を与えてしまうでしょう。

太すぎるエクステも、やはりエクステが取れやすくなってしまいますし、エクステが一本取れても「エクステが取れた」ということがはっきり分かってしまいます。

下まつげのエクステをする時は、そのエクステの長さや太さに注意するようにしましょう。あまり長いものや太いものは避けるので、エクステが取れやすいということを防ぐことができるでしょう。

 

いかがでしたか? 

下まつげのエクステをする時は、いくつかの注意ポイントがあります。そしてその注意点を気を付けることで、取れやすいといわれる下まつげ長持ちさせることができるのです。下まつげに負担をかけないようにして、エクステを長持ちさせてしまいましょう

 

まとめ

下まつげのエクステをする時の5つの注意ポイント

・自分の下まつげの状態を把握する
・メイクしたままエクステをしない
・グルーを多めにつけるようにする
・脱毛期を避けるようにする
・長さや太さに気を付ける


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!