ストレス太りをしやすい5つのタイプ

ストレス太りをしやすい5つのタイプストレス太りしやすいタイプだと、体型維持もダイエットも大変ですよね。ストレスは避けては通れないものなだけに、常にストレス太りをする可能性があることを考えて日々過ごさなくてはいけないのは精神的にかなり辛いことです。さらにそれを気にしてしまえば気にするほどに、不安な気持ちはストレスとなっていくので、さらにストレス太りに拍車をかけることにもなります。

そこで今回はストレス太りに注目。ストレス太りをしやすいタイプを5つ紹介していくので、何故自分はストレス太りをしやすいのか、自分に当てはまるタイプを探してみましょう。自分のタイプがわかればストレス太りを予防、解消する方法も探していけるはずです。ストレス太りを解消していくためにも、ストレス太りをしやすいタイプをチェックしていきましょう!


 

スポンサーリンク


  

ストレス太りをしやすい5つのタイプ

 

 罪悪感を感じやすい

 罪悪感を感じやすい人は、ストレス太りをしやすいと言われています。実はこれは海外で行われた調査の結果として出されたもので、罪悪感を感じにくい人と比べて罪悪感を感じる人のほうがストレス太りをしやすいという結果が出ているのです。

何故罪悪感とストレス太りに関係があるかというと、例えば高カロリーのものを食べた時に強く罪悪感を感じてしまう人は、「食べ過ぎてしまった」という罪悪感に襲われてしまうと思います。ダイエットをしないといけないのに、太れるほど余裕が無いのに…という気持ちが強い時に高カロリーのものを食べてしまうと、食べ物を美味しいと感じるよりも罪悪感に襲われてしまうのです。

この罪悪感は大きな重荷となり、精神的苦痛になってしまいます。そんな気持ちから逃れるためにダイエットをやめてしまったり、ストレスでやけになり食べ過ぎてしまい、結果的にストレス太りをしてしまうというわけなのです。

  

心配性

 心配性の人は常に大きなストレスと隣合わせだと思います。例えば家の鍵はしっかりと締めただろうか、何か忘れ物をしていないか…など些細な物事の一つ一つが心配担ってしまい、常に不安な気持ちに押しつぶされた状態に心配症の人はなってしまいますよね。

しかしそんな不安をずっと背負うわけにはいかないので、ストレスを発散するために幸せを見付けます。手っ取り早い方法が自分の好きな食べ物を食べるという方法なので、心配性によるストレスが溜まる度に、食べることによって不安な気持ちを解消してしまうのです。

実際心配性だという人は、何か夢中になれる瞬間があれば、そんな気持ちから開放されて心地よい気持ちになりませんか?食べるのは気軽に出来る行為でもあるので、心配症の人はストレスが多ければ多いほど、その分食べ過ぎてしまうのです。いつの間にかストレス太りで体重が増えていた…というのは心配性の人には多く見られる光景とも言えるでしょう。

  

睡眠不足

 ストレス不足の人の中には、睡眠が十分に取れていないという人も多いのではないでしょうか?睡眠がしっかりと取れていなければ、上手くストレスを発散出来ずに、ストレスが溜まる一方になってしまいます。睡眠が取れていなければそれだけ体内の機能も落ちてしまうので、必然的に太りやすい体質へと変化をしてしまうのです。

忙しい日々が続いたりすると、どうしても睡眠時間を減らしてしまうものですよね。短い睡眠時間に慣れてしまえば自然と大丈夫だと思ってしまうのが恐ろしいところで、気付かぬうちにストレスをたくさん溜め込んでいて、その分体質はどんどん太りやすいものへとなってしまうのです。そうならないためにも、出来るだけ睡眠時間は確保し、出来るだけ体を休ませてあげてくださいね。

  

スポンサーリンク

食べることで気持ちを落ち着けている

 感情の浮き沈みが激しい人は二つのパターンに分けられます。一つは感情の浮き沈みの勢いによって食べ過ぎてしまう人と、食欲をなくしてしまう人であり、どちらも感情の並により生まれるストレスによって食欲が左右されてしまうのです。

食べ過ぎてしまう場合には、ストレスが溜まれば溜まるほどに食べてその気持ちを落ち着けることになるので、ストレス太りをするのも当然ですよね。感情の浮き沈みが激しいと自分自身も疲れてしまうので、なんとかして気持ちを落ち着ける方法を探さなくてはいけません。そう考えれば気軽に出来て幸福感も感じられる食事はぴったりな方法というのも納得ですよね。

このタイプの怖いところは、食べることに慣れてしまうということです。食べれば食べるだけ胃袋は大きくなりますし、感情を落ち着けるためには自分が満足をする必要が出てきますよね。食べて気持ちを落ち着かせるのが癖になってしまい、食べる量がどんどん増えてしまうのです。ストレス太りのタイプの中では最も厄介なタイプと言っても過言ではないでしょう。

   

無理をしてダイエットをしている

 ダイエットをしているのにストレス太りで太ってしまう…という人は、無理なダイエットをしていませんか?無理な食事制限、精神的に苦痛だと思えてしまうほどの運動量など、ストレスが溜まるダイエットは結果的にストレス太りを招いてしまうので今すぐにストップしましょう。

ストレスが溜まればそれだけ体にも影響が出ます。ホルモンバランスが乱れたり、体調が崩れたり、代謝や血行にも影響を及ぼしてしまいます。そうなればいくらダイエットをしたとしても太りやすい体質になってしまったり、無理な食事制限をしていれば体は健康状態を維持しようと思い、必要以上に脂肪を蓄えようとしてしまうのです。

ダイエットをしているのにストレス太りをしてしまう人は、本当にそのダイエットの方法が正しいものなのか振り返ってみましょう。ダイエットにストレスは天敵となるので、心身ともにストレスを感じさせないダイエットで理想の体を手に入れていきましょう。

  

いかがでしたか?

ストレス太りしやすい5つのタイプについて注目をしてきましたが、ストレス太りに悩んでいる人の中には、当てはまるタイプなどが見付かった人も多いのではないでしょうか?

常にストレスを感じて生きている人の場合は特にストレス太りをしやすいので、上手くストレスを発散できるように気軽にできるストレス解消方法を探してみましょう。ストレス太りをしてしまえば、体質改善の他にもストレスとの付き合い方も改め直さないといけなくなるので、普通にダイエットをするよりもハードルが高くなってしまいます。それがさらにストレスとなってしまい、ストレス太りの連鎖から抜けられない状態に陥ってしまうので、どうにかしてそんな状態にならないように、避けていきたいですよね。

タイプさえわかれば、ストレス太りにならないように気を付けることも出来るので、自分はストレス太りをしやすいと思った場合には、何がストレスでどんなストレス解消方法が良いのか、今回紹介した5つのタイプを参考にして、じっくりと考えてみましょう!

  

まとめ

 ストレス太りをしやすい5つのタイプ

・罪悪感を感じやすい
・心配性
・睡眠不足
・食べることで気持ちを落ち着けている
・無理をしてダイエットをしている


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!