睡眠不足を解消するために出来る5つのこと

睡眠不足を解消するために出来る5つのこと毎日の生活の中でいやが上にもつきまとってくるのが睡眠不足。休みの日に寝貯めしたから大丈夫!などと言っていても1日経てば元通り。睡眠不足の解消はなかなかうまくできないものです。

睡眠不足の状態で仕事や学業に励んでも、最高のパフォーマンスを引き出すことは難しいことでしょう。そこで、どうすれば睡眠不足を無理なく解消できるのか。そのためにできることとしてどんな方法があるのか。見ていくことにしましょう。


スポンサードリンク


 

睡眠不足を解消するために出来る5つのこと

 

仮眠をとる

誰でもついウトウトすることはありますよね。電車内や中身のない会議、あるいは退屈な授業などなど。このウトウト感を正しく仮眠という形に置き換えてあげることが、睡眠不足解消の第一歩です。例えば昼休みの時間でも構いません。5分とか10分の仮眠は理想的です。

もちろんウトウト状態から、一瞬あるいは数十秒の間だけストンと落ちる、いわゆる「マイクロスリープ」と呼ばれているものでも、かなり睡眠不足の解消には効果があります。ただこのマイクロスリープは時と場所を選ばないことが多いので、非常に危険をともないます。運転中であればそれこそ命取りにもなりかねません。

ますので安全性を考えた上でマイクロスリープに陥る前に、しっかり仮眠をとる習慣を身につけることをオススメしたいのです。

 

同じ生活リズムを心がける

冒頭でも少し触れましたが、週末や休日に寝貯めをすること。睡眠不足解消につながるように思えるのですが、これには落とし穴があります。問題が出てくるのはその翌日。変に寝過ぎたせいで夜になっても目が冴えたまま。結局眠る時間が遅くなり、朝は早く起きなければいけない。こうして睡眠不足の一週間がスタートするわけです。

そんな辛い休み明けを迎えないためにも平日・休日を問わず、眠りに関しては出来る限りリズムを崩さないことが大事です。休みの日でもひとまず同じ時間に起きる。それでどうしても眠気がおさまらないのであれば、その1で触れた仮眠を取り入れるほうがよいでしょう。

 

早寝早起きをこころがける

その2につながってくる話ですが、同じ生活リズムを心がけるにしても、理想的なのはやはり早寝早起きです。なかなか早寝をするのは難しいと思いますが、眠りにつくまでの間に案外無駄な時間というものが存在しています。

そういった無駄かもしれない時間を上手に解消するためにも、布団に入る時間から逆算して行動することを心がけましょう。「あれとこれをしていたら何時には寝られるな」ではなく「何時には寝たいからあれはやるけどこれは明日にする」といったように考えるのです。

実は仕事や家事、勉強などもこれと同じような考え方をしていくと、案外効率よく物事が運んでいきますので睡眠だけでなく日常生活を上手く過ごしていく参考になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

電子機器をできるだけ遠ざける

夜になればなるほど、テレビやスマホ、タブレットとお友だちになりがちですよね。ある程度は構わないのですが、眠りにつく直前までそういった電子機器とつながり続けることは入眠の妨げになります。

眠りにつくためには急速を促す副交感神経の働きが必要なわけですが、こうした電子機器から視覚情報を得ることは脳を活性化させ、副交感神経とは真逆の交感神経を冴え渡らせてしまうのです。

少しでも睡眠不足を解消するには、睡眠の質を上げることも重要です。眠るべき時間が近づいてきたら、できるだけ視覚情報が飛び込んでくる電子機器を遠ざけるようにしましょう。

 

布団やベッドを生活拠点にしない

見出しだけ読むと「何のことだろう?」と思う方もいらっしゃるでしょう。でもこのように説明すれば該当する方もいらっしゃるのではないでしょうか。「布団やベッドを椅子代わりにして食事やテレビ視聴をしていませんか?」と。

布団やベッドを普段自分がくつろぐ場所にしてしまうと、布団やベッドが「寝る場所」であるという意識が薄れてしまうのです。寝る場所と起きている場所をしっかり区別すること。そして布団やベッドは眠るため以外に使用しない。そう意識づけることで、寝床に入った時の入眠がスムーズになるのです。

 

いかがでしたか?

普段から睡眠不足に悩まされている人は睡眠時間もそうですが、眠りの質が悪いことも充分考えられます。いかにして深い睡眠をとるか。文中にも登場しましたが、眠る前にいかに副交感神経を働かせるか。まずはその点を見直すようにしてみてください。

軽いストレッチでも、読書でも構いません。心穏やかにして眠ることが快眠への近道、睡眠不足を解消することにつながります。そして、補完的に仮眠を利用していくことで自分なりの正しい睡眠リズムは作られていきます。早速明日から…と言わず今夜から実践してみてくださいね。

 

まとめ

睡眠不足を解消するために出来る5つのこと

・仮眠をとる
・同じ生活リズムを心がける
・早寝早起きをこころがける
・電子機器をできるだけ遠ざける
・布団やベッドを生活拠点にしない

2017年…あなたに訪れる衝撃の運命とは!?

『マナ・タロット』で占う運勢はいかに…

恋愛、仕事、金運などのどんな悩みからでも幸せに導く奇跡の占い。

今注目の的中率が凄すぎる占いをあなたはもう体験しましたか?

期間限定で≪初回無料≫で鑑定できるので、幸せになりたい方は今がチャンスです。

btn01


スポンサードリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!