産後の骨盤矯正をうまく行うための5つの方法

産後の骨盤矯正をうまく行うための5つの方法

女性は出産すると、骨盤は開いた状態になります。放っておいても自然に閉じるのですが、その場合、必ずと言っていいほどゆがみを生じます。

例えば、恥骨の結合部分がゆがんだ状態では、骨盤周りや股関節などが痛む原因となりますし、骨盤底筋群というインナーマッスルがゆるんだ状態だと、尿漏れや便秘、冷え性などの原因となってしまいます。また、骨盤がゆがんでいると、ぽっこりお腹や下半身太りの原因になるだけでなく、足のむくみ、腰痛、肩こりなどの症状も引き起こすことがあります。

いろいろ良くないことの原因となる骨盤のゆがみは、なんとか矯正しておきたいものです。では、産後の骨盤矯正をうまく行うためには、どのような方法があるのでしょうか。 [Read more…]