生理前の下腹部痛を緩和させるつ5つの方法

生理前の下腹部痛を緩和させるつ5つの方法女性であることが鬱陶しくも感じる生理。そして生理の時期だけでなく悩まされる人が多いといわれているのが、生理前の不調です。中でも下腹部痛が長く続けば、日常生活の約半分を不快な思いを抱えながら生活することになるでしょう。

しかし、下腹部痛は誰もが感じるものではなく、ほとんど経験のない人やそれほど痛みを感じない人もいらっしゃるのです。なぜこのような違いがあるのでしょうか…

いつも辛い思いをしている人は、生理前の下腹部痛を緩和できれば快適に過ごせる期間が長くなりますから、できる限り改善したいですね。

そこで、下腹部痛の原因は何か、少しでも楽になるにはどうしたら良いか、考えられる5つの方法をご紹介したいと思います。 [Read more…]

生理前に不眠になる5つのわけ

生理前に不眠になる5つのわけ女性にとって生理前の不快感は悩みのタネでもありますよね。イライラや腹部の違和感など様々な症状が表れるのが生理前ですが、実は不眠症になるという方も多いようです。

PМS(生理前症候群)の症状で多いのは眠くてしょうがないという症状が一般的で、これに比べれば不眠に悩まされる方は少数派のようですが、どちらも辛い症状には変わりませんよね。今回は生理前になると不眠症状が表れる理由についてまとめてみました。 [Read more…]

生理前に便秘になりやすいのはなぜ?5つの理由

生理前に便秘になりやすいのはなぜ?5つの理由

女性は日ごろから便秘に悩んでいる人も多いと思いますが、普段快便でも、なぜか生理前になると便秘になるという人は多いのではないでしょうか。

排卵後から生理前の時期は、黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が多くなります。このプロゲステロンとも言われる黄体ホルモンは、妊娠を維持するために、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くしたり、妊娠に向けて、最適な子宮環境に整えたりします。

生理前に便秘になりやすいのは、この黄体ホルモンが原因と言われています。では、なぜこの黄体ホルモンが増えると、便秘になりやすくなるのでしょうか。 [Read more…]

生理前のむくみを抑えるために避けるべき5種類の食品

生理前のむくみを抑えるために避けるべき5種類の食品

生理前になると、体がむくむ・太りやすくなるとお悩みの方も多いと思います。これは女性ならではの現象で、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になるためです。女性ホルモンは一カ月の間にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロンが一定のリズムで分泌されます。

エストロゲンは生理終わりごろから排卵期にかけて増え、女性らしさを作り、この頃の体調は比較的良いのですが、プロゲステロンは排卵後から次の生理にかけて分泌され、妊娠のための体作り(受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働き)のために、体内に水分や栄養を貯め込もうとしたり、食欲が増しやすくなります。

生理前のむくみは赤ちゃんを産むための自然な現象なので気にしすぎる必要はないのですが、食欲に任せて不要な物を食べ過ぎると、生理中は代謝が悪くなるということもあり、むくみが酷くなるのでお勧めできません。今回は生理前のむくみを抑えるために避けた方がよい食品をご紹介いたします。 [Read more…]