体臭の原因が気になる…予防する5つの秘訣

体臭の原因が気になる…予防する5つの秘訣少し前なら体臭はフェロモンと言ってしまえばそれでも通じていたのかもしれませんが、加齢臭、という言葉と共に次第にネガティブな印象へと変わってきている昨今。昔から

香水などで匂いをごまかす、じゃないでしょうが様々な工夫がされてきました。

しかしながら常時香水を使うのには手間暇もかかりますし、場合によっては香水を上回る体臭を発揮する場合もある・・・ そこでできるだけ体臭を抑える、予防策について紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


 

体臭の原因となる汗について理解する

 

体臭の原因となる汗について理解する

いきなり結論的なことを書くと、いわゆる体臭の原因として皮脂、垢、雑菌があげられます。即ち体臭を防ぐにはこれらに対してきちんとした対処をする必要があるわけです。

 まず体臭の原因としての汗の発生場所は大きく2つに分けられます。1つはエクリン腺でほぼ全身に分布しそこから出る汗はさらさらしていて無臭ですが、時間の経過とともに雑菌などで匂いが発生することになります。

 もう1つはアポクリン腺で、脇や性器の周辺にあり、そこから出る汗はタンパク質や脂肪酸、脂質などを含んでおり匂いの原因となります。時にフェロモンと言われたりワキガだと言われるのはこの部分の汗ですね。

 ですのでまず大切になってくるのは言うまでもなく体を清潔に保つことです。夏の暑い時期は勿論ですが、それ以外の季節でも汗はかいていますので、常日頃から意識してケアしていくことが重要です。

 

衣類を清潔にして通気性の良いものを着る

 体臭の原因となる汗を抑えるために普段着る物というのも非常に重要です。夏は暑いですから、厭でもマメに服や下着などを替えていると思いますが、冬の寒い時期にも汗をかいていますので注意が必要です。

最近は寒さ予防用に着ると暖かくなる下着やシャツなども販売されていますが、中には化学繊維を使っているために吸湿性の悪いものもあったりします。

そうすると長時間汗をかいたままの状態となって、体臭発生の原因となってしまうのです。天然素材のものは比較的そういうことも少ないみたいですが、やはり物によると思われますので、なかなか汗が引かないとか汗かいたなと思ったら小まめに着替えることが大事です。

 

 食生活を見直す

みなさん、肉は好きですか? 分厚いステーキを黒こしょうを利かせて焼いて、熱いクリームシチューなどと一緒にいただく。 残念ながらこれらはすべて体臭の原因となります。もし毎日ステーキ、洋食三昧の生活を送っている人がいたら(いないと思いますが)是非見直してみることをお勧めします。

 体臭予防に良いとされている食べ物には例えばにんじん、カボチャや緑黄色野菜、レバーや納豆などがあります。調理に使う油もできるだけ植物油を使うほうがいいと思います。あとは食物繊維を多く含む食材を使用したり、オリゴ糖などで腸内活動を活発にさせていくのもいい方法です。

概して西洋料理は体臭の元になる要素満載です。今はどうかは知りませんが、昔は西洋人は体臭が強いなんて言われていたことがあったのも、案外こういった食生活に原因があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

水分をたくさん摂る

 そして常日頃から水分を多く摂るように心がけるのが大切です。一説によれば1日にだいたい1.5リットルから2リットルくらい摂るといいとされています。

 しかしながら夏の暑い日ならともかく他の季節ではそんなに飲めないよ、という人もいるかもしれません。実際ガブガブそのまま飲んでは今度は体が冷えてしまい他の病気の原因にもなりかねません。水分を摂るときは冷たくしすぎたりしないように常温のものを飲むなどの工夫が必要になってきます。

中には「私はいつもコーヒーをたくさん飲んでいるから大丈夫」とか、猛者になると「オレの水分補給はビールだぜ!」と豪語する人もいるかもしれませんが、いずれも×です。コーヒーに含まれるカフェインやビールのアルコールは利尿効果を発揮するのでかえって体内の水分を減らす結果になります。

更に缶コーヒーだなんて言った日にはあの中にはミルクもいっぱい入っているのでかえって体臭の原因となってしまいます。お勧めは水をそのまま常温で飲むとか、白湯として飲む、あるいは緑茶を飲むことです。緑茶にもカフェインが含まれてはいますが、カテキンなどの成分が体臭防止効果を発揮します。

しかし前述のようにカフェインには利尿効果もありますので、緑茶を飲むときは意識して飲む量を増やすなどの工夫は必要になってくるでしょう。他にもミルクなしのココア、黒酢を飲むといったことも体臭予防には効果的です。

 

病気予防を忘れない

 更に頭の片隅に置いておいてもらいたいことに、病気の可能性というのがあげられます。通常、体の中の毒素は老廃物として腎臓や肝臓などの臓器を通して処理されて体外に排出されますが、これらの部位に疾患があって十分な役割を果たせないときに、体は時としてなんとか外に毒素を出そうとして汗を使うことがあるのです。

 その汗は当然毒素を伴っていますので、匂いが付いていたりします。脂漏性皮膚炎、糖尿病、腎機能の低下などがこのような現象の原因となり得ます。 

今までの説明を実践してきてそれでもなお、体臭が気になるようでしたら一度受診してみることをお勧めします。思わぬところに伏兵が潜んでいることがあったりするものです。

 

 いかがでしたか?

他にも日頃からストレスを溜めないようにする、運動して代謝機能を高めておくということも大切なことです。そしてもし運動したならその後に必ず入浴やシャワーで汗を流して綺麗な服に着替えるのを忘れないようにしてくださいね。

 

 まとめ

 体臭の原因が気になる…予防する5つの秘訣

・体臭の原因となる汗について理解する
・衣類を清潔にして通気性の良いものを着る
・食生活を見直す
・水分をたくさん摂る
・病気予防を忘れない


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!