手のツボで健康になれる!オススメの5つのツボ

手のツボで健康になれる!オススメの5つのツボ

ツボを刺激して健康になると聞くと、足裏を思い浮かべる人も多いと思いますが、実は、手も足の裏と同様に、体全体のツボの位置を表しています。手のひらは人間の前を表し、手の甲は人間の後ろを表しています。

足の裏のツボは、自分でやる場合は家の中でないとなかなかできませんが、手のツボであれば、外出先でもちょっとした時間に押したり揉んだりすることができます。家の中でも、テレビを見ながら、音楽を聴きながらなど、何かのついでに簡単にできて、さらに健康になるなら試してみる価値はありますね。

では、どこを刺激すると健康になれるのでしょうか。オススメのツボを紹介します。


スポンサーリンク


 

 手のツボで健康になれる!オススメの5つのツボ

 

労宮(ろうきゅう)

 手のひらの中央付近、指を軽く握った時に、中指の先端が当たる部分が労宮というツボです。

このツボは、血流を良くし、酸素を体中に行き渡らせて細胞の代謝を促進するので、筋肉の疲労回復に効果的です。また、集中力アップにも役立ちます。

ツボに垂直に親指を立てて、やや強めに押すと良いでしょう。また、この労宮を中心に、手のひら全体を強めに押すことで、全身の緊張がゆるみ、気持ちがゆったりとする効果もあります。ストレスでイライラした時や、なんとなく気分が沈むとき、体がだるいなという時に押してみてください。

 

 魚際(ぎょさい)

 親指のつけ根のふくらみの中央にあるのが魚際というツボです。

このツボは、暴飲暴食などで衰えた胃腸や肝臓の働きを回復する効果や、歯痛、肩こり、頭痛などにも効果があります。また、長い時間パソコンを操作していて、親指が疲れたり痛みが出たときに押すと効き目があるツボです。

逆の手の親指の腹を使って、親指の骨に沿って押していくと、痛いところ、気持ちいいところが見つかると思うので、そこを三秒間ずつ押したり離したりを繰り返すのが良いでしょう。

 

 少府(しょうふ)

 軽く指を握って小指が当たる部分、小指と薬指の間を、指のつけ根から二センチほど手首の方に下がったところにあるのが少府というツボです。

このツボは、手に汗を握るような興奮状態やほてりを伴うような過労時に気分を鎮める効果があります。また、動悸や息切れ、肘の痛み、皮膚のかゆみにも効果的です。

親指の腹を当てて、揉むようにして押すと良いです。手の甲側から人差し指で挟んで押すと、さらに効き目がアップします。

スポンサーリンク

健理三針区(けんりさんしんく)

 手のひらの中央からやや手首寄りにあるツボが健理三針区です。

このツボは、二日酔いでダウンしやすい人やお酒を飲む機会が多い人におすすめのツボです。ここを刺激すると、肝臓の働きが活発になり、アルコールの分解を促すことができます。また、胃腸の働きをよくする効果もあるので、食欲がわかないときなどに押すと良いでしょう。

親指で強く押して揉むのが良いです。

 

合谷(ごうこく)

 人差し指と親指の骨が合流するところから、やや人差し指寄りにあるツボが合谷です。このあたりに触ってわかるくぼみがあります。

このツボは、頭痛、花粉症、難聴、歯痛、にきび、アトピー、肩こり、めまい、便秘、下痢、生理痛などに効果があります。効果が多岐にわたっていることからもわかる通り、万能のツボとも言われています。特に頭部疾患や大腸系に良く効くとされています。

逆の手の親指で押す場合は、三秒ごとに押したり離したりを繰り返すと効果的です。また、親指を使って、小さな円を描くように押し回すといった指圧方法もあります。

 

 いかがでしたか?

手のツボを刺激するといったことは、いつでもどこでも気軽にできますが、食後三十分ぐらいはしないということや、ツボを押してから二時間ほどはお風呂に入らない方が良かったり、お酒を飲む前にツボ押しはしないことなど、注意する点もいくつかあります。また、高熱がある場合はツボを刺激するのはやめておきましょう。

手のツボをマッサージする際、ハンドクリームを塗って行うと、余計な力が抜けますし、手もすべすべになって一石二鳥です。友人や家族、恋人などとお互いにやるのもいいですね。人にやってもらうと気持ちいいですし、お互いのスキンシップも高められます。

体に不調があると、手のツボを押したときに「痛い」と感じるかもしれません。その場合は無理して痛みを我慢することなく、「痛気持ちいい」ぐらいでマッサージすると良いでしょう。

毎日押したり揉んだりすることで、だんだん痛みがなくなっていき、体の不調も取り除かれていきます。ただし、毎日手のツボを刺激しても体調がすぐれないときには、早めに医療機関を受診してください。

 

 まとめ

手のツボで健康になれる!オススメの5つのツボ

・労宮(ろうきゅう)
・魚際(ぎょさい)
・少府(しょうふ)
・健理三針区(けんりさんしんく)
・合谷(ごうこく)


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!