自負の意味について理解しておきたい5つのこと

自負の意味について理解しておきたい5つのこと自負の意味ってご存知ですか?自分は○○だと自負している、という言葉はよく耳にしますよね。しかし中には、自負という言葉をよく耳にしているものの、実際自負の意味については詳しく知らない…という人も少なくありません。

自負の意味とは具体的にどういうことなのか、どんな時に使うのか、この際知っておきたいですよね。そこで今回は自負の意味について注目。自負の意味について理解しておきたいことを5つ紹介していくので、自負の意味について詳しく知りたい人は、どんなタイミングで使うべきか悩んでいる人は是非チェックしていきましょう。


スポンサーリンク


 

自負の意味について理解しておきたい5つのこと

 

自分の才能や能力を認めている時に使う言葉

自負の意味を知るためにも、まずはどんな時に自負という言葉を使うのかを見ていきましょう。自負の意味は「自分の才能や能力を自分で認めていること」という意味が込められた言葉です。つまり、自負を使うタイミングとしては、自分の才能や能力を自分自身で認めている時や、自分の才能や能力を誰かにアピールしたい時に使うべき言葉、というわけですね。

自負の意味がわからないと、自負を使うタイミングってなかなか難しいと思います。しかし自負の意味がわかれば、どんな時に使うと効果的な言葉なのか、わかってきますよね。「自分には○○だと自負している」という言い方は非常にシンプルですし、○○の部分に自分の認めている才能や能力を当てはめれば、すぐにでも使うことが出来ると思います。

 

自信がある時に使う

自負の意味は「自分の才能や能力を自分で認めていること」というものなので、基本的に自負という言葉を使う時は、自信がある時に限ります。例えば「自分はプロ並の料理の腕を持つと自負している」とすれば、自分の料理の腕に自信を持っている、と相手に伝わりますよね。料理の腕は自分の才能や料理のことを指しますし、それに自信を持っているからこそ使えると言えます。

また、自負の意味には「才能や能力を自分で認めている」とありますが、自分自身の気持ちにも使える言葉です。例えば「誰よりも趣味に情熱を注いでいると自負している」という使い方をすれば、趣味に対する熱意や気持ちに自信があるのだと伝わってきますよね。自負の意味は、才能や能力はもちろんのこと、時には自分の気持ちを表す言葉としても使えるので、自分に自信があるものに対してはどんどん使っていきましょう。

 

誰にも負けない、という強い意思が込められている言葉

自負の意味はシンプルに言い表せば自信とも言えます。しかし自負の意味である「自分の才能や能力を自分で認めていること」という、単なる自信よりもどこか力強い、頑なな意思のようなものを感じますよね。

自負の意味は、そんな揺るぎない、誰にも負けることのない強い意思を感じさせる自信、という意味合いでもあるのです。単なる自信じゃない、誰にも負けることがない、そんな自信に満ち溢れた時に使える言葉だというわけですね。

スポンサーリンク

負には「後ろ盾とする」「頼みとする」という意味もある

自負の意味を考えるにあたって、自負という漢字に注目した人も多いでしょう。漢字だけ見れば、「自分に負ける」と現す言葉なので、自信というポジティブなイメージよりかは、ネガティブなイメージを連想させてしまう人も多いと思います。

実は自負にも使われている負という文字は、一般的に負ける、という意味で使われる言葉ですが、「後ろ盾にする」「頼みにする」という意味を持つ言葉でもあるのです。つまり自負の場合は「自分を頼る、自分を信じる」という意味で付けられているので、自負の意味はネガティブではなくポジティブになっているというわけですね。

漢字の意味を知ると、自負の意味もさらに深くわかってきますし、何故こういった漢字を書くのか、言葉の成り立ちから自負の意味を考えるのも面白いですよね。

 

自負心を上手く使おう

自負の意味について疑問を感じた人の中には、自負心という言葉の意味がわからなくて疑問を感じた人も多いと思います。自負心もよく使う言葉であり、よく耳にする言葉ですよね。当然自負の意味がわからないと、どんな意味を持つ言葉なのかよくわからないというのも当然だと思います。

自負心というのは、自負の意味である「自分の才能や能力を自分で認めていること」に対して使われる言葉です。例えば「自負心があったからこそ、努力が報われた」という使い方だと、「自分の能力や才能に自信を持ってきたからこそ、努力が認められた」という意味合いになりますよね。自負心は自分の才能や能力に自信がある気持ちを現す言葉なのです。自負の意味を知らないと自負心は使いづらい言葉ではあるものの、自負の意味さえわかってしまえば、ここぞという時に使える言葉になるので、是非使っていきましょう。

 

いかがでしたか。

自負の意味について理解しておきたいことを5つ紹介してきました。自負の意味を知るにあたって、ただ自負の意味を知るだけでは、どのようなタイミングで使えばいいのかってよくわかりませんよね。今回紹介したことは、自負の意味と共に、使い方やタイミング、また自負心について紹介をしてきたので、今まで自負の意味がわからなかった、自負の使い方がわからないという人でも安心して使っていけるようになるかと思います。

自負はここぞという時に使う、インパクトのある言葉です。何かをアピールしたい時、相手に意識してほしい時、そんな時には是非自負を使ってみてくださいね。

 

まとめ

自負の意味について理解しておきたい5つのこと

・自分の才能や能力を認めている時に使う言葉
・自信がある時に使う
・誰にも負けない、という強い意思が込められている言葉
・負には「後ろ盾とする」「頼みとする」という意味もある
・自負心を上手く使おう


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!