言い方を変えるだけで相手との関係がうまくいく!と感じる5つの時

言い方を変えるだけで相手との関係がうまくいく!と感じる5つの時 言い方を変えることが出来る力、というものは人間関係を円滑に進めていくためには重要なポイントになります。言い方次第で人との関係は簡単に結ばれることもあれば、簡単に壊れてしまう場合もあります。

たとえそこに友情や愛情があると信じていたとしても、言い方を間違ってしまえば一瞬にして今まで積み上げてきた信頼はあっという間に壊れてしまうでしょう。そうならないためにも、そしてそうなってしまった時に関係を修復するためにも、言い方を変えるというのはとても重要だと言えるのです。

そこで今回は言い方を変えるだけで相手との関係がうまくいく、と感じる瞬間5つに注目。どんな瞬間に言い方を変えるとスムーズに関係が築いていけるのか、気になる人は少なくないはずです。今後人間関係を上手く進めていくためにも、言い方を変える瞬間を知っておいた方が何かとメリットはあると思うので、気になる人は早速注目してみましょう!


 

スポンサーリンク


  

言い方を変えるだけで相手との関係がうまくいく!
と感じる5つの時

 

 相手に注意をする時

 相手に注意をする時は特に言い方を変えるだけで、スムーズに相手に注意点を伝えることが出来ますよね。相手に注意をするというのはなかなかハードルが高いものであり、場合によっては関係に亀裂が入ってしまう可能性もある厄介なものです。出来るだけ人間関係を壊したくない、と思っている人に何かを注意するというのはとても心が痛むものですし、出来ることならば穏やかに相手に注意点を伝えたいと思うものでしょう。

そんな時、言い方を変えるだけで注意点は柔らかく相手に伝わるので相手との関係が上手くいく時のほうが多いと言えます。注意点はそれだけでもトゲがあるように思えてしまうので、言い方を変える、というのを意識してみるとトゲを取り除けて、柔らかく相手に伝えたい注意点を伝えられるというわけですね。

   

相手を心配する時

 相手を心配する時にも、ただ心配しているという言葉を伝えるよりかは、言い方を変える工夫をするとより相手との関係が良くなっていきます。例えば「大丈夫?」という言葉一つにしても、「○○は大丈夫?何か力になれることはある?」と言い方を変えるだけで優しくなりますし、相手にも心配している気持ちがスムーズに伝わりますよね。

意外と人は他人からの心配に対してドライな印象を持っている人が多くいます。それだけ社交辞令が多い、とりあえず心配しておこう、そんな表面上の付き合いは誰もが必ずあるものなので、心配されて嬉しい半面で心の中までは心配という気持ちは響かないものです。しかし言い方を変えるだけで、すんなりと相手の心に心配をしているという感情が伝わっていくので、よりよい信頼関係を築けて、お互い支え合える関係になるのです。

  

自分の非を伝える時

 なかなか自分の非の伝え方って難しいですよね。誰にしても非を認めるというのはとても勇気ある行動であり、中には性格やプライド、その物事によっては自分の非を伝えるのが何よりも難しいと頭を悩ませてしまう人もいると思います。悪いと思っていることを、他人に伝えるというのはなかなか簡単に出来るものではありませんよね。

そのため、そんな気持ちが働いているからこそ自分の非を伝えようとすると、少し遠回しな言い方になってしまったり、まったく反省していないように伝わってしまう場合があります。

こういった時こそ言葉選びはとても重要なので、言い方を変えるように意識をして、「ごめんなさい」とただ謝るのではなく「○○しちゃってごめんね、今度から気をつけようと思うんだけど、何かあったら指摘してくれないかな?」と伝えたほうが反省の色も見えますし、非を認めているというのもわかりますよね。何より伝えられた側も、非をそこまで責めようという気分にもならないので、その場の雰囲気全てが沈静化する効果も言い方を変えるだけで得られるのです。

   

スポンサーリンク

相手を思うことを言う時

 相手を思う言葉というのはとても温かいものです。そのためそのままストレートに相手を思う言葉を伝えれば、それだけ相手との距離は縮まりますし、関係は温かく、より良いものとなっていくでしょう。

しかし、さらに関係を良くするためにも言い方を変えることに注目してみましょう。出来るだけ柔らかく伝えることは重要ですが、時には鋭いストレートな言葉も時には相手の心に最も響く言い方になります。相手を思う、その気持ちさえあれば言葉は単なる媒体であり、そこまで重要なものではないかもしれません。気持ちは一緒にいれば伝わるものなので、言葉がたとえ不器用なものでも自然と気持ちは伝わりますよね。しかし単なる媒体だとしても、言い方を変えることを意識すれば、より相手を思う気持ちを伝えることが出来るのです。

どのように言い方を変えるのか…それは時と場合によって考えなくてはいけませんが、自分の相手を思う気持ちを伝える時にはどんな言い方が良いのか、じっくりと考えて言葉選びをしていきましょう。

  

自分の素直な意見を言う時

 時には自分の素直な意見を言う時、ちょっと誤解を生んでしまう時や、なかなか思うように言葉が伝わらない場合もありますよね。自分の素直な気持ちや意見を伝えようと思った時、実際にそれが上手く伝わらないとモヤモヤとしてしまい、意見を言ったことに対して後悔をしてしまう時があります。そうなると自分の気持ちを心の中に閉じ込める癖が出来てしまうので、出来るだけそれは避けたいですよね。

そこで自分の素直な意見や気持ちを伝える時は、ただ伝えるのではなく言い方を変えることを意識してみましょう。ただストレートに伝えるよりも、自分はこう思っているからこうしたい、と素直な気持ちと共に目的やその気持ちに至るまでの過程を簡単に言葉に付け加えてみると、スムーズに素直な意見を伝えることが出来ると思います。

  

いかがでしたか?

言い方を変えるだけで相手との関係が上手くいく、それは誰もが簡単に出来るものです。確かに言い方を変えることに慣れていない人にとっては、言葉の選び方、空気の読み方はとても難しいと感じるかもしれませんが、自分が相手とどういう関係を築いていきたいのか、自分はどうしたいのか、その意識をハッキリさせていけば、自然と言葉は生まれてくるはずです。

言い方を変えるだけで、良くも悪くも印象はガラリと変わっていくので、もし自分が言葉や言い方によって人間関係に暗い影を残してしまう時が多いという人は、日頃から言い方を変えるという意識をしながら過ごしてみると、きっと人間関係が良い方向へと変わっていくはずですよ。

 

 まとめ

 言い方を変えるだけで相手との関係がうまくいく!と感じる5つの時

・相手に注意をする時
・相手を心配する時
・自分の非を伝える時
・相手を思うことを言う時
・自分の素直な意見を言う時


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!