頭皮湿疹を早い段階で改善するための5つの方法

頭皮湿疹を早い段階で改善するための5つの方法

何だか頭がかゆい、無性にかゆい。ちゃんとシャンプーで毎日洗っているはずなのに…。こんな思いをしている方はいらっしゃいませんか?それはもしかすると頭皮湿疹かもしれません。

頭皮湿疹かもしれません。頭皮湿疹とはどんな症状なのでしょう?

一つ目の例としては、乾いたフケが出てくる、汗をかきやすい額や鼻の周辺がどうも脂っぽい、生え際がベタベタしている、耳の後ろに痒みがあるなどの状態があげられます。このような場合は脂漏性皮膚炎の可能性が高いです。呼んで字のごとく皮脂が過剰に分泌されて起こる炎症です。

もう一つ考えられるのは、どうも頭皮が乾燥している、フケのようだが乾燥していて何だか粉っぽいものが頭から出てくる、痒みや赤みが出てくるというケースです。これは皮脂欠乏性皮膚炎と言われており、脂漏性とは全く逆の皮膚炎です。頭に限らず顔も洗いすぎると、本来肌を守ってくれるはずのバリアを破壊してしまします。このバリアがない状態でシャンプーをしてしまうと、刺激が強すぎて炎症を起こしてしまうわけです。

この他にもアレルギー性のものなどがありますが、どのようなパターンであれ、頭皮湿疹になってしまったかなと気づいたらできるだけ早めに対処するのが一番です。そこで頭皮湿疹のケア対策を考えて行きたいと思います。


スポンサーリンク


 

 頭皮湿疹を早い段階で改善するための5つの方法

 

その1 自分の頭皮の状態を確認する

一般的には脂漏性の頭皮湿疹が多いと言われていますが、もしかしたら他の原因で頭皮湿疹になっている可能性もあります。

まずは自分の頭皮がどのような状況なのか確認するのが先決です。本来は皮膚科で診てもらうのがベストですが、なかなかそこまでは…という方がほとんどでしょう。

冒頭でも記したように、フケが出る、Tゾーンが脂っぽいという事例だけでも、脂漏性の頭皮湿疹かどうかの判断はつくでしょうが、入浴前に乾いた状態で自分の頭皮を触ってみるとよくわかると思います。額やTゾーンなどはあぶらとり紙でチェックしてみるのもよいでしょう。

 

その2 洗髪はやさしく丁寧に

 脂漏性の方も皮脂欠乏性の方も共通するとことは洗髪の仕方です。まず、洗髪する際に爪を立ててゴシゴシ洗うようなことはやめましょう。ただでさえ湿疹状態のところに爪でキズをつけてしまえば症状は悪化します。指の腹でやさしくマッサージするように洗ってください。

そしてすすぎはしっかり丁寧に行ってください。シャンプーの洗い残しなどは雑菌にやがて変わり、頭皮湿疹にとって餌のようなものになってしまいます。

洗い残しをしにくいすすぎ方がありますので、参考にしてみてください。洗髪時もそうなのですが、大抵は頭頂部から洗い始めて何となく全体を洗い、すすぐときも頭頂部からかけ流すという方は多くないですか?これがシャンプーのすすぎ残しにつながります。

髪の毛の上からいくらお湯をかけても、皮膚に近い髪の毛の裏側までは届いていません。ですから、洗髪もすすぎも襟足の裏側から頭頂部へ、耳の裏側から頭頂部へ、こめかみから頭頂部へという感じに、下から上へと持ち上げるようなイメージで行うのが一番よいのです。

 

その3 皮脂欠乏性の人は保湿を

 洗髪が終わり、髪を乾かしたところでポイントです。皮脂欠乏性の方は頭皮が乾いているわけですから、顔と同じように頭皮にも潤いをもたらす必要があります。

そのためにシャンプーやコンディショナーを選ぶ際には、植物保湿成分が配合されているものを選びましょう。

また、洗髪後に同じく植物保湿成分が含まれた育毛剤をつけるのもよいでしょう。育毛剤が頭皮に栄養と潤いを与えてくれますので、育毛目的ということではなくても乾燥には役立ちます。

また洗いすぎが原因ということが考えられますので、毎日洗髪している人は1日おきぐらいの洗髪に変えてみるなど、洗髪のペースを調整してみるとよいです。夏場は汗をかきますのでなかなか難しいとは思いますが、冬場であれば大丈夫かと思います。

スポンサーリンク

その4 脂漏性の人は清潔に

 清潔にと一言でいわれてもなかなか難しいところだとは思いますが、この脂漏性の頭皮湿疹には厄介な元凶が潜んでいるために、あえて清潔にと書かせていただきました。

その元凶となっているのは「癜風菌(でんぷうきん)」というカビの一種です。一般にマラセチアと呼ばれていますが、このカビの特徴は皮脂を好むというところにあります。

この癜風菌は感染する菌でなく、人に常駐している菌ですので誰もが持っているわけです。皮脂を好むので、脂漏性であるなしを問わず、汗をかきやすい夏にも繁殖しやすいという特徴があります。

ですから、その2で触れた洗髪などのすすぎ不足などには充分注意しなければいけません。しっかり(ゴシゴシではなく丁寧に)洗って、しっかりすすぐ。これが基本です。

 

 その5 体の中から栄養バランス

 当然といえば当然ですが、こうした脂質の分泌過剰には生活習慣の乱れや食生活が影響を及ぼします。ストレスや過労には充分なケアを施し、質のよい睡眠をとるよう心がけてください。

食事はバランスよく取るのが基本ですが、ビタミンB群の摂取には特に注意しましょう。ビタミン不足は皮膚症状の悪化を促進させますので気をつけてください。

 

 いかがでしたか?

頭皮湿疹は早めのセルフケアが大事だということはおわかりいただけたと思います。ただしセルフケアをしてもあまり改善がみられない、かえって悪化していると思われた場合は、すぐに皮膚科などの専門医を頼ってください。

専門医では病状に応じた内服薬や塗布薬を提供してくれます。薬による治療と、生活習慣の見直しで正しいケアを心がけるようにしましょう。

 

まとめ

 頭皮湿疹を早い段階で改善するための5つの方法

その1 自分の頭皮の状態を確認する  
その2 洗髪はやさしく丁寧に  
その3 皮脂欠乏性の人は保湿を  
その4 脂漏性の人は清潔に  
その5 体の中から栄養バランス 


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!