トラウマを克服することが難しいと感じる5つのわけ

トラウマを克服することが難しい…と感じる5つのわけ誰もが1つくらいはあるであろうトラウマ。なかなかトラウマというものは厄介でいて、ふと何かをするときにトラウマが蘇り立ち止まってしまうこともあれば、チャレンジできないものも出てきたりするものですよね。克服したいと思っても簡単に出来るものではなく、トラウマに悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

何故トラウマを克服するのが難しいのか。今回はトラウマを克服することが難しいと感じる5つのわけについて紹介していきます。


スポンサーリンク


 

トラウマを克服することが難しいと感じる5つのわけ

 

気持ちのコントロールが上手く出来ないから

 トラウマは気持ちと密接に関わるものだと言えます。トラウマが生み出される気持ちというのは、落ち込みや悲しみ、恐れなどの負の感情などからなので、もしそういった感情がすぐに出てしまうということであれば、トラウマを克服するのは難しいと言えます。

たとえトラウマに直面をしていない瞬間であっても、気持ちのコントロールが上手く出来ない、上手く割りきって行動が出来ずに、どこかいつもマイナス思考になってしまう。そういった人の場合はトラウマの時の負の感情を思い出しやすく、作り出しやすいためになかなか克服のための一歩を踏み出すことができないと言えるでしょう。

 

 本能的に恐怖を抱くから

 トラウマにもよりますが、本能的に恐怖を抱いてしまっている場合にはトラウマを克服するのはかなり難しいと言えるでしょう。実際に体や気持ちを傷つけるようなものでなかったとしても、本能が恐怖を抱いてしまっている以上、近づくことや関心を持つことすらも難しく、克服の道はかなり険しいと言えます。

本能が恐怖と思っていると生理的に無理ということにも繋がってくるために、なかなかトラウマと向き合うことはできません。さらに無理をしてトラウマと向きあおうとすると、体調不良になったり情緒不安定になるなどリスクも高いため、無理をするのも禁物。

そういったことを考えると、無理してトラウマを克服する必要はないという結論になり、克服の道はさらに遠ざかってしまうようですね。

 

 記憶がフラッシュバックするから

 トラウマを抱えてしまうには、何かきっかけのようなものがあります。例えば犬が怖い場合は、小さい頃に犬に追いかけられたとか、暗闇が怖いのはホラー映画の影響だとか。

いざ克服をしようとすると、たとえ気持ちは落ち着いていたとしても、トラウマと向き合うことによってきっかけとなったことが一気にフラッシュバックをしていき、当時の感情を呼び覚ますこととなります。

当時の感情が出てしまえば平気だとは思っていてもその時感じた恐怖などが一気に押し寄せるため、トラウマを克服するのは難しくなってしまうようですね。

トラウマを克服するためには、きっかけを向き合うことも必要だと言えます。しかしきっかけと向き合うということは記憶を呼び覚ますということでもあるために、かなり難易度は高いといえるでしょう。

スポンサーリンク

 自己暗示に陥っているから

 トラウマが出来てしまうと、それらは自分の中で必要以上に恐怖、恐れといった負の感情の印章がさらに深くなっていきます。実際トラウマがそこまでのものでなかったとしても、自分の中でトラウマができてしまったこと、トラウマに対する恐怖や経験は人一倍恐ろしいものとなってしまうために、感情が増幅していき、実際の事柄よりも悪くイメージされていることが多いといえます。

トラウマを克服できたという人の中には「想像していたよりも怖いものではなかった」という人が多くいるように、トラウマを必要以上に恐怖の対象にしている人が多いとも言えます。一度気づいてしまえば克服までの道のりは簡単なものの、怖い、恐ろしいといった感情をトラウマに対して自己暗示をし続けているとなかなか気付くのは難しいと言えるでしょう。

 

必要がないと思うから

 そもそもトラウマを克服するメリットが見つからない。トラウマによってはそういった理由から、わざわざトラウマを克服しようとすら思わないという人も少なくありません。特に生きている上で困らないものであったり、興味がないものだとするならばトラウマを克服する必要性を感じさせませんし、自ら苦手なものに飛び込むのも無駄だと言えるでしょう。

トラウマは人によって大きな影響を与えるものですが、それはトラウマの存在が身近であった場合の時。特にトラウマを思い出すようなことや克服しなければならない状況にならなければ、克服しようという考えに至らないのも納得ですよね。

克服することがベストであるとも言えませんし、もし克服する必要がないのであればそのほうが良いのかもしれません。

 

いかがでしたか?

トラウマは恐怖や恐れといった負の感情と密接に関わる存在なだけに、なかなか克服するのは難しいと言えるでしょう。トラウマのきっかけと向き合う、当時のことを思い出す、気持ちの切り替えができない…。普段は大丈夫だと思っていてもいざトラウマと向き合うことによって人は弱くなってしまうもの。

中には必要がないと思うからという意見もありますが、トラウマを克服するというのは難しく大変であるようですね。

 

まとめ

 トラウマを克服することが難しいと感じる5つのわけ

・気持ちのコントロールが上手く出来ないから
・本能的に恐怖を抱くから
・記憶がフラッシュバックするから
・自己暗示に陥っているから
・必要がないと思うから


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!