うつ病で退職をしないための5つの方法

うつ病で退職をしないための5つの方法うつ病は、現代において働く人達がかかる可能性がとても高いと言える病気の一つです。場合によっては命にかかわることもありますし、何よりもうつ病が理由で退職を迫られたりということもあるのです。

うつ病になってしまい、その上仕事も失うということを避けるため、うつ病で退職をしないための5つの方法をお伝えいたします。


スポンサーリンク


 

うつ病で退職をしないための5つの方法

 

社内の産業医を受診する

うつ病で退職をしないためには、まず会社内の産業医やカウンセラーを受診するということが大切です。うつ病の原因となるものは様々ですが、仕事が関係しているという事は、十分あり得るでしょう。産業医を受診し、実際の病状がどうであるかという診断をもらう事で、適切な対応が取れるのです。

投薬治療をしたり、場合によっては休職するということもあるでしょう。その際に、産業医の受診を受けていることで、社内においての伝達や対処がスムーズになるといえます。

残念ながら、社内に産業医やカウンセラーがいないという場合は、自分で病院やカウンセラーを受診する必要があります。その際に会社に提出する診断書を作成してもらい、うつ病ということを証明できるようにしておくということが大切なのです。

 

 職場に理解者を見つける

 うつ病で退職をしないための方法として、職場においての理解者を見つけるということが大切です。上司や職場の同僚に事情を説明して理解を得ることができれば、適切な治療を受けるために通院したりしやすくなりますし、うつ病改善の妨げになるような過剰な勤務状況の改善にもつながるでしょう。

また、うつ病は人から「理解されている」と感じるだけでも精神的に落ち着くというメリットがあります。うつ病の原因となりかねない職場において、そういう理解者がいるということは、大きなポイントなのです。

上司に相談して、場合によっては部署を変えてもらうという手段をとるのもいいでしょう。残業をしないというだけで、自宅で十分な休息をとることができ、それがうつ病の改善につながるのです。

うつ病でたいしょくしないためには、職場で理解してくれる人を見つけるという事はとても重要なのです。

 

 病院できちんと治療を受ける

 うつ病で退職しないための方法でとても大切なのは、病院で治療をきちんと受けるという事があります。うつ病という病気は、場合によっては自殺につながったりすることもある、非常に危険性の高い病気でもあります。

きちんと医師の診察を受けて、適切な方法で治療するということで、うつ病を完治させることができるのです。薬で治療をするという投薬治療以外にも、認知行動療法や対人関係療法という治療法もあります。また、休息を取るということが何よりも必要となりますが、そのために診断書をもらうという事も、病院できちんと治療を受けなければならないのです。

うつ病は、他の病気と違って治っているのかどうかということが分かりにくいということがあります。治りかけには発作的に自殺をするパーセンテージが上がるという怖い一面もある病気です。くれぐれも自己判断せず、病院で治療を受ける事によって、うつ病を完治させることができるのです。それによって、うつ病で退職をするということを防ぐことにもなるといえるでしょう。

スポンサーリンク

 休職制度を利用する

 うつ病で退職しないための方法には、休職制度を利用するという方法が効果があります。うつ病の理解を上司や職場の人間に求めても得られないという場合、無理に働き続ける事は病状を悪化させ、結果的に退職せざるを得ないということになりかねません。

いくら説明しても理解が得られそうにないというような場合は、医師の診断書を提出して休職するのも良い方法なのです。

そのようにすることで、ともかく仕事を辞めることなく治療に専念する時間が確保できます。うつ病を治すためには一時的に休職するのは致し方がありませんが、退職までしてしまうと再就職するのが難しく、結果的にデメリットの方が大きくなることがあるでしょう。

いざとなったらいつでも退職をすることができます。うつ病を治して精神的にも元気になってから、ゆっくりと仕事上の身の振り方を考えてもいいといえるでしょう。

 

職場復帰支援プログラムを作成してもらう

 うつ病を治して再び職場に復帰する時、なかなかスムーズに復帰が出来ないということがあります。上司や同僚の理解がなく、職場に復帰できる状態になっても退職せざるを得ないということがあるのです。それを防ぐためには、職場復帰支援プログラムというものを作成してもらうようにしましょう。

うつ病などで一時職場を離れていた人がスムーズに復帰できるためのプログラムなのですが、これを作成してもらうことによって上司一人の判断だけではなく、社内において客観的な視点で職場復帰がしやすくなります。また、小規模な企業だとこのプログラムを作成することが不可というばあいもありますが、EAP(従業員支援プログラム)や地域産業保健センター、産業保健促進センターなどの社外の期間を利用することで、同じように職場復帰支援プログラムを作成してもらうことができるのです。

うつ病で退職するということを防ぐためには、いろいろなシステムや機関を上手に利用して、職場復帰を果たすようにすることが大切なのです。

 

うつ病で退職しないための方法として、いろいろ出来ることがあります。うつ病で精神的にもしんどい時ですが、出来るだけ適切に対処をして、仕事をなくさないようにすることが大切なのです。

 

 まとめ

うつ病で退職をしないための5つの方法

・社内の産業医を受診する
・職場に理解者を見つける
・病院できちんと治療を受ける
・休職制度を利用する
・職場復帰支援プログラムを作成してもらう


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!