坐骨神経痛の原因としてあげられる5つのこと

坐骨神経痛の原因としてあげられる5つのこと坐骨神経は、腰から骨盤、お尻を通って、足の指先まで伸びている末梢神経のことです。もっとも太く、非常に長い神経です。この坐骨神経は、脳から運動指令を伝え、歩いたり、体のバランスを取ったりという働きをしています。

この坐骨神経が通っている部分、つまり、お尻から足の後ろ側にかけて痛みやしびれ、麻痺と言った症状が表れるのが坐骨神経痛です。坐骨神経が何らかの原因で圧迫されたり刺激されることで痛みやしびれを引き起こすのですが、ひどくなると歩行障害を伴うこともあります。

坐骨神経痛という病名はなく、いろいろな病気が原因で引き起こされる症状のことを言うのです。では、坐骨神経痛の原因とはいったいなんなのでしょうか。


スポンサーリンク


 

 坐骨神経痛の原因としてあげられる5つのこと

 

腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の主な原因と言われているのが、腰椎椎間板ヘルニアです。腰骨には、五つの腰椎骨と一つの仙骨があり、その間でクッションの役割を果たしているのが椎間板です。この椎間板は髄核よいう粘性のものが繊維輪というものに覆われている状態なのですが、繊維輪が破れて髄核が飛び出すと、後ろを通っている神経に刺激を与えてしまいます。これが腰椎椎間板ヘルニアです。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は一つではなく、いろいろな要因が重なって発症すると言われています。元々の体質や骨の形によることもあれば、前かがみの姿勢や、立ったり座ったりを繰り返すといった動作が原因となることもあります。二十、三十代に多く見られる病気です。

 

梨状筋症候群

 お尻の筋肉の中に梨状筋という筋肉があるのですが、坐骨神経はこの梨状筋の下を通っています。梨状筋の状態が悪くなり、坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛の症状が表れるのです。

梨状筋症候群の原因として考えられるのは、臀部打撲や股関節捻挫、ぎっくり腰から腰痛が慢性化したという場合のほかに、長時間のデスクワークで座りっぱなしだったり、腰を長時間曲げたりねじったりする体勢をとっていることが挙げられます。

 

 腰椎分離・すべり症

 腰の骨のある部分が切れてしまうのを腰椎分離症というのですが、これだけでは腰痛などの症状が必ず起こるわけではありません。さらにその骨が前方へずれるように滑ってしまい、神経を刺激することを分離すべり症といい、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを変性すべり症と呼びます。

子どもの頃にスポーツなどで繰り返し負荷をかけると、疲労骨折し、分離症を引き起こすと考えられています。ただし、体質的な要素もあるので、スポーツをしている子どもが必ずなるというものではありません。

スポンサーリンク

腰部脊柱管狭窄

 神経が通っている背骨の中央にあるトンネルを脊柱管といい、それが狭くなったことで神経やそれに伴走する血管を圧迫し、痛みやしびれを引き起こします。

生まれつき脊柱管が細いという場合もありますが、多くは老化に伴って細くなっていきます。特に、若い時に重労働や重いものを持つ仕事で腰に負担をかけていたり、腰を痛めた経験があったり、長時間運転したりする人は、加齢とともに変形性脊柱症が起こりやすくなり腰部脊柱管狭窄になりやすいとされています。また、中年の女性に起こりやすい変性すべり症も原因の一つとされています。

 

腰椎腫瘍

 腰椎腫瘍は、腰椎に骨を破壊する腫瘍ができ、神経が刺激されることで、腰痛や坐骨神経痛を引き起こします。悪性腫瘍は骨に転移しやすいという性質があり、悪性腫瘍が発生した場合は他の場所からの転移によるものが大半を占めています。ということは、すでに臓器などのほかの部分がすでにがんに侵されている可能性が高いと言えます。特に高いのが唾液腺がんや前立腺がんですが、他の臓器である可能性もあります。

安静にしていても痛みが続いたり、今まで経験したことのないような激しい痛みを感じたりした場合は、早めに病院で診てもらう方がいいかもしれません。

 

坐骨神経痛の症状が軽い人や、また予防のために体操やストレッチが有効とされています。その場合も無理はせず、気持ちよく無理のない範囲で行うことが大切です。

普段からあまり重いものを持たない、長時間同じ姿勢を取らない、激しい運動は避けて安静にする、患部を温めるといったことで、症状が軽くなる場合もあります。

しかし、原因がわからなければ対処方法も間違っている可能性があり、そのままほっておくと悪化する恐れもあります。坐骨神経痛かなと思ったら、まずは整形外科で検査を受けてみましょう。レントゲンやMRIで腰の状態を確認し、適切な処置を受けることができます。痛みを我慢して悪化させると大変なことになるかもしれませんので、まずは病院へ行くことが大切です。

 

まとめ

坐骨神経痛の原因としてあげられる5つのこと

・腰椎椎間板ヘルニア
・梨状筋症候群
・腰椎分離・すべり症
・腰部脊柱管狭窄
・腰椎腫瘍


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!