舌を傷つけずに舌苔を取り除く7つの方法

舌を傷つけずにした舌苔を取り除く7つの方法まわりの方へのエチケット、口臭の予防の一つに舌苔ケアがあります。舌苔とは、舌の表面の白いもので、溜まって口臭の原因になるといわれています。舌の表面にはヒダが無数にあり、ヒダとヒダの間で唾液をためています。

このヒダとヒダの間の部分に、上皮細胞のはがれたものや、食べたもののかす、口内細菌などが溜まり、細菌が発生し、「舌苔」(ぜったい)となり、口臭の原因「揮発性硫黄化合物」が出ます。匂いは、腐った卵のようなにおいと腐った玉ねぎの匂い、キャベツが腐った匂いが合わさったものだそうです。

この「揮発性硫黄化合物」は、歯周病の原因になるともいわれています。舌の掃除をして、舌苔を取り除くことが、口臭の改善にもつながるといわれています。そして、歯周病の予防にもつながります。

舌の表面には、味覚を感じる部分や、唾液をためる部分など大切な部分があり、舌を傷つけずに、舌苔を取る取り方をご紹介いたします。


スポンサーリンク


 

舌を傷つけずにした舌苔を取り除く7つの方法

 

方法1:柔らかい歯ブラシを使用する

舌を鏡でみて白っぽくなっている部分が舌苔になります。固い歯ブラシなどで、ごしごしこすってしまうと、舌を傷めてしまうので、取り方は、柔らかい歯ブラシなどで、歯ブラシを動かさず、舌をそっと動かし、歯ブラシの先端をかすめるようにすることがおすすめです。

固い歯ブラシを使用したり、歯磨き粉などをつけてごしごし磨くことは舌を傷めてしまうで、注意が必要です。

 

方法2:舌用のブラシを使用する

ドラックストアや通販などで、舌用のブラシが販売されています。歯ブラシのブラシ部分が、主にナイロンでできた、柔らかい、スポンジのようなものが付いた形状です。

こちらを使用することで、舌を傷めることなく、舌苔をうまく取り除くことができます。製品によっては、舌の表と裏の両方を磨くことができるものがあります。

 

方法3:舌クリーナーをしようする

舌ブラシではなく、舌クリーナーというものも販売されています。こちらは、スプーンのような形状の内側が空いており、空いている部分で、こすり落とすタイプとなります。

シリコンなどでできており、舌の形状にあわせて、曲がることもでき、舌にやさしくフィットして舌苔を取ることができます。このような舌クリーナーも舌を傷めることなく舌苔を取り除くことができおすすめです。

ドラックストアや通販などで手に入れることができます。介護用品として売られている場合もあるようです。

スポンサーリンク

 

方法4:デンタルフロスを使用する

歯垢を取るときにしようする、デンタルフロス、柄がついているものではなく、フロスのみになっているデンタルフロスを使用して取ることもできます。

取り方は、デンタルフロスをピンと張って、舌の表面を添わせることで舌苔を取り除くことができます。このとき、舌を傷めないようにするために、舌に押し付けないようにすることが大切です。

 

方法5:ガーゼを使用してとる

赤ちゃんの歯磨きなどで、ガーゼを使用することがあります。たくさんは取ることができませんが、優しく取り除くことができます。取り方は、湿らせたガーゼを指などに巻きつけて、そっと舌の表面をなでると、舌を傷めずに、舌苔を取ることができます。

感染などのトラブルを防ぐために、ガーゼは清潔なものを使用することが大切です。ベビー用品や介護用品などの口腔内ケア用の使い捨てタイプのガーゼも売っており、こういったものを利用することもおすすめです。

 

方法6:ハチミツ飴でとる

ハチミツに含まれるグルコン酸が殺菌作用があり、舌苔に効果があるようです。さらに飴の形状だと、舌の上でなめていると、舌苔がキレイになったという口コミが多く、効果が期待できそうです。

 

方法7:舌苔をとらないでおく

それほどひどくなければ、舌苔を取らないでおくことも舌を傷めずに済みます。歯ブラシで激しくこすったり、歯磨き粉などで舌を磨いてしまうと、舌の上にある味蕾という味覚を感じる部分を破壊してしまい、味覚障害になってしまう危険性もあるのです。

また、舌の表面にある、舌乳頭の間で唾液をためるため、唾液が不足し、ドライマウスなど、また口臭や病気の原因になる場合もあるのです。磨きすぎて、舌の表面がツルツルしている場合は、磨きすぎの可能性があります。

舌苔を取ったのに、口臭が改善されない場合は、歯垢や、腸からの場合もありますので、このような場合は、他の部分の改善をすることが必要です。また、歯磨きを怠り口内環境が悪化したり、ドライマウスにより舌苔が、たくさんできてしまう場合もあります。

 

いかがでしたか?

常日頃からキチンと歯磨きなどで、口内環境を良く保ち、舌苔がたまらないように努めることも大切です。また溜まってしまった場合は、舌を傷めないように取り除くようにすることが大切です。

 

まとめ

舌を傷つけずに舌苔を取り除く7つの方法

方法1:柔らかい歯ブラシを使用する
方法2:舌用のブラシをしようする
方法3:舌クリーナーをしようする
方法4:デンタルフロスを使用する
方法5:ガーゼを使用してとる
方法6:ハチミツ飴でとる
方法7:舌苔をとらないでおく


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!