目をそらす時の心理で考えられる5つのもの

目をそらす時の心理で考えられる5つのもの目をそらす心理には様々なものがあります。目は口ほどに物を言うというように視線や目の動きというものは、その人の心理状態を表すもの。

だからこそ目をそらすという、相手の心理がよくわからないものには不安を感じることもあれば、嫌な気持ちになり思わぬすれ違いが起きてしまうことにも繋がるでしょう。

そこで、今回は目をそらす心理で考えられるものを5つ紹介していきます。目をそらす心理にはどんなものが隠れているのか、目をそらす心理が気になる人はぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク


 

目をそらす時の心理で考えられる5つのもの

 

照れくさい

目をそらす心理で考えられるのが、照れくさいという思いです。恋愛感情など関係なしに、人と話すことに照れてしまう、シャイな性格の人が目をそらすことも。

これについては、単純に照れくさいという心理状態だと思っていいでしょう。目をそらすことはあるものの、会話やその他の振る舞いに関してはトゲがあるように思えない、友好的に思えるというのなら、照れくさいからこそ目をそらしていると考えられます。

もし目をそらす時の表情がどこかはにかんだような状態であったり、何か言いたそうなシャイな様子だったりするのなら、照れている状態だと思うようにしましょう。

この場合、相手はシャイな性格なだけなので、普通に接して問題はありません。どうしても気になるようなら、もしかして照れている?と聞いてみるのもいいでしょう。

特に人見知りの人なら、照れくさいという心理で目をそらすのはよくあることなのです。

 

異性と、または人と話すことに慣れていない

目をそらす心理で考えられるのが、異性や人と話すことに慣れていないというものでしょう。

相手が自分よりも上を行く存在だと思っていたり、特に異性との交流に慣れていなかったりすると、どう接したらいいかがわからない場合も。

目をそらすことで、なんとか自分を落ち着かせようとする心理状態は、とにかく必死だと考えられます。

特に男性の場合、女性との関わりがほとんどないと、女性に対して未知という印象が強く、目を合わせることが出来ないという人が多くいるでしょう。

目を合わせてしまうと女性との接し方がわからず、何かミスをしてしまうのではないかと不安になる男心にも、深く関係する心理だと言えます。

また女性の場合でも男性との関わりがないと、男性に対して怖いという印象を抱く人もいます。

実際男女の力関係に関しては男性のほうが上であるため、そういった印象が強いと、目を合わせることが怖いと感じて、目をそらすことで自分を守ろうとしてしまうこともあるでしょう。

 

自分の好意を隠している

目をそらすことで、自分の好意を隠そうとしている人もいます。これは恋愛心理によるものであり、自分の好意が目を合わせてしまうことによってバレてしまうのではないかという心理が行動に繋がってしまうのです。

確かに好きな人を前にすると、それだけでも気持ちは高揚してしまいますし、目を合わせてしまえば自分の気持ちが悟られるかもしれない…と焦った経験がある人もいるでしょう。

視線はその人の心理状態を表して、鋭い人なら視線から心理を読み取ることも出来るため、それが無意識にでもわかっているからこそ、目をそらすことで自分の気持ちがバレないように注意を払っているのです。

もし視線をそらすことはあっても、他の言動や行動が好意的なものばかりならば、それは好き避け心理の一つだと考えても良いでしょう。

スポンサーリンク

関わりたくないという拒絶の心理状態

目をそらす心理の中には、関わりたくないという拒絶の心理状態から目をそらすという行動に出てしまうこともあります。

この心理は相手のことを苦手だと思っていたり、嫌いであまり関わりたくないと思っていたりするものなので、あまり良い心理とは言えません。

あまり関わりたくないという心理から目をそらすというのも、目が合うと話しかけられるかもしれない、近づいてくるかもしれないと予測してしまうことによって起こるものなのです。

確かに目が合うと話かけてくる人もいるため、相手のことを苦手だと思っている場合には目をそらす…というのもよくあることでしょう。

 

特別気になるところがある

目をそらす心理には、特別気になることがあるという単純なものがあります。たとえば大きいゴミが服についていたり、たまたま噂話の渦中の人物だったり。

そうなると、人は気になることによって無意識に視線で追ってしまい、目が合った瞬間我に返ると同時に視線をそらすということに繋がるのです。

もし突然熱い視線を感じるようになった、目が合った瞬間驚いたように目をそらされたという場合には、何か気になることがあると考えて良いでしょう。

 

いかがでしたか。

目をそらす心理には好意的なものもあれば、その逆のものもあるため、見極めるのが難しくなってしまう時もあります。

しかし日頃の言動や行動など、その人との関係性に注目をしてみると、目をそらす心理に隠された想いや気持ちが見えてくるはず。

もし目をそらす心理で気になる人がいるなら、日頃の様子をよく観察するようにして、相手の心理を見極めていくようにしましょう。

 

まとめ

目をそらす時の心理で考えられる5つのもの

・照れくさい
・異性と、または人と話すことに慣れていない
・自分の好意を隠している
・関わりたくないという拒絶の心理状態
・特別気になるところがある

☆こちらの記事も関連しています。

>>>視線で心理が分かる!と感じる5つの瞬間

スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!