嫌いな人に好かれるのはなぜ?5つの理由

嫌いな人に好かれるのはなぜ?5つの理由

嫌いな人に好かれると、ちょっと複雑な気持ちになりますよね。相手がどんな意図をもって近づいてくるのか、はじめは疑心暗鬼になり好かれているのか、それともなにかの罠なのか。そんなネガティブな考えを持ってしまうでしょう。

人間関係は、周囲のすべての人とうまく仲良くできることが一番理想的。しかし実際には相性が合わない人や性格が嫌いな人も存在します。

仲良くなりたい人とはなかなか距離が縮まず、嫌いな人に好かれるなんて、ちぐはぐなこともあるでしょう。

嫌いな人に対しては「嫌い」オーラを出しているはずなのに、なぜ?そんな疑問を持つ人もいますよね。では嫌いな人に好かれる、5つの理由についてご説明していきましょう。


スポンサーリンク


 

嫌いな人に好かれるのはなぜ?5つの理由

 

相手がプラス思考の人だから

嫌いな人に好かれるつもりがないのに、なぜか相手が好感を抱いている時。そんな矛盾した展開があると、どうしてなのか不思議に思いませんか。

自分では嫌な態度や冷たい視線を送っているはずなのに、相手は少しも動じない時。ここで考えられるのは、相手がとてもプラス思考の人で、嫌いなオーラを良いほうに解釈している可能性があります。

たとえば好きな人の前で、いきなりその場を立ち去ったり、目を合わせずに話をしたりするなど。

これらの誤解されやすい態度は、本当は好きで恥ずかしいから。嫌いな人もこんな風に理解していると、冷たい態度を取られても本当は興味があるからだろうと自分に都合よくプラスに理解しているのです。

このような性格の人には、態度ではなくはっきりと言葉でメッセージを送ることも必要でしょう。

 

優しい性格を隠せないため

嫌いな人と好きな人、どちらも人間関係を築く上で大切な存在です。いつかお世話になるときがくるかもしれないと思うと、相性が合わない人もなんとかつなぎとめておかないといけないでしょう。

またはっきりと、相手にわかるような嫌な態度ができない心優しい人も存在します。本当は話をしたくないけれど、作り笑いでなんとかその場を回避するとき。

こんな場合は相手が優しさをそのまま受け止めて「いい人」だと納得してしまいます。嫌いな人に好かれるのは、相手のせいだけではなく、自分自身がどのような印象を与えているかも大きな要因に。

人を心から憎めない人は、わずかな優しさが魅力的に見えるのかもしれません。

 

本音で付き合うから

好きな人や興味がある人とは、できるだけ良い関係をキープしたいものです。そのためには相手に少しでも良い印象を残せるよう、私たちは些細なことでも努力を惜しみません。

好きな男性に振り向いてもらいために、心にもない誉め言葉で近づくなんてこともあるでしょう。

しかし嫌いな人の場合は、相手がどのように受け止めるかなんてまったく気にしません。そのため、本音で付き合う傾向がありその姿勢が魅力的に見えることも。

嫌いな人に好かれるのがなぜかわからない時は、自分の接し方について考え直してみるといいですね。

本音で向き合ってくれる人はごくわずか。そんな貴重な人の存在は、感情を抜きにしてでも長く付き合いたいと思います。

たとえばスタイルについて聞かれたとき、「太ってないよ」と相手を傷つけないように言うか「最近太ったね」とはっきり言ってくれる人。時には本音が知りたいことがあるでしょう。

スポンサーリンク

自然体でいるので魅力的に見える

嫌いな人に対しては、自分がどのように評価されるかまったく気になりません。自分らしく自然体で過ごせるので、そんな姿がとても素敵に見えるのでしょう。

でも世の中ほとんどの人が、周囲の視線を気にしたり、どう評価されるか相手の考え方を気にしたりする傾向がありますよね。

このようなしがらみは、時には個性を見失う原因になり、本来の魅力がアピールできない場合もあるのです。

嫌いな人に対しては、嫌われようが好かれようがまったく興味がないこと。嫌われてもいいと思う気持ちがあるので、まったく相手の評価なんて頭にないのです。

たとえば嫌いな人と一緒にお茶をしたとしましょう。大切な人なら相手が快適に感じるように、まずは自分よりも相手を優先しますよね。

しかし嫌いな人だと、自己中心的にメニューを見たり勝手に帰ったり。そんな態度がとても自然体に見えるのは、投げやりな態度がワイルドに感じるからでしょう。

 

相手が特別な感情を抱いているため

嫌いな人に好かれる意味が分からないと困っている人も。でもよく考えると、自分の感情と相手の感情は必ずしも一致するとは限りませんよね。

一方的に嫌いな人、相手が自分に抱く感情はかならずしも嫌いとは限りません。片思いの恋愛と同じで、相手のことが大好きでも相手が同じ気持ちで接してくれるわけではないのです。

嫌いな人とは嫌い合っているはず、そんな固定観念をなくしてください。場合によっては相手が特別な感情を持っていることも考えられ、どんなに冷たくされても忘れられないほど好きなのかもしれません。

とくに男女の場合は恋愛感情が混ざると、自分の気持ちがコントトールできず相手にアピールすることで必死になってしまいます。

 

いかがでしたか。

嫌いな人に好かれる理由、どんな間柄にあるかによっても違いますが、人を嫌いになるにはそれなりのきっかけや要因があります。

嫌いな相手がなぜ自分が嫌われるのかわからないと、煮え切らない態度が不快に感じることも。できれば仲良くなり嫌いな人の存在がなくなることが一番ですが、距離を置きたい人がいる場合には完全に無視するなど。

できるだけアクションを起こさないことも、必要かもしれません。ちょっとした誤解で、嫌いが好きに見えてしまうこともあります。

 

まとめ

嫌いな人に好かれるのはなぜ?5つの理由

・相手がプラス思考の人だから
・優しい性格を隠せないため
・本音で付き合うから
・自然体でいるので魅力的に見える
・相手が特別な感情を抱いているため

☆こちらの記事も関連しています。

>>>人に好かれる性格になるための5つの方法

スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!