言い方がきつい…と自分で思った時の5つの改善法

言い方がきつい…と自分で思った時の5つの改善法言い方がきついと後悔する時ってありますよね。今のは言いすぎたかもしれない、言い方がきつい、もうちょっと柔らかく言えなかったのだろうか…と後悔をすると、そのことがずっと気になってしまうものです。

言い方がきついと思わぬ誤解を生んでしまったり、相手を不用意に傷つけてしまう場合もあるので、出来るだけ言い方がきついと思われないような言葉遣いをしたいものです。

そこで今回は言い方がきつい…と自分で思った時の改善法を5つ紹介!どうすれば良い方がきつい自分から変えられるのか、結構悩んでいる人も多いと思うので、言い方がきついと感じてしまった時には改善法を試して、言い方がきつい自分から物腰柔らかい自分になれるように意識してみましょう。


 

スポンサーリンク


 

言い方がきつい…と自分で思った時の5つの改善法

 

言い方がきつかった、と相手に謝る

 言い方がきつい、そう思うと後悔が浮かびますよね。もしかしたら傷つけてしまったかもしれない、もうちょっと優しい柔らかい言い方が出来たのかもしれない…様々な考えが頭を巡り、次は気をつけようとは思うものの、言葉って湯水のように流れるものなのでなかなか言い方がきつい状態から抜け出すのって難しいですよね。

そこで、言い方がきついかも…と感じた時には相手に対して言い方がきつくてごめん、と謝るようにしてみましょう。謝るのって勇気がいることですが、謝った内容は自分の心に刻まれていくので、心の奥底から気をつけようという気持ちが生まれてくるのです。

自分を戒めるためにも、そして相手のためにも、言い方がきついと感じたら相手に謝るようにしてみましょう。

   

同じ言葉でもどうすれば柔らかくなるか考えてみる

 言い方には種類がありますよね。例えば人に注意をする時、「次からは気を付けて」と言い放つと言い方がきつい印象が出来てしまいますが、「次からは気を付けてみようか!きっと大丈夫」と言えば、一気に優しくなりますし、言い方が優しいという感じがしてきますよね。

もし言い方がきついと感じる言葉があったら、その言葉にはどんな言い方があるのだろうと考えてみましょう。言い方がきつい言葉というのは、日常的に出やすい言葉でもあるので、また言い放ってしまう可能性が考えられますよね。今後出来るだけ言い方がきつい状態にならないためにも、言葉の種類について考えてみると、咄嗟に出る言葉も優しいものになっていくはずですよ。

 

感情的になっていなかったか反省をする

 言い方がきつい時って感情的になってしまっている場合も少なくありませんよね。表面に出ていなくても、感情が盛り上がってしまっている場合、言い方がきつい状態になってしまうのは誰もに当てはまることだと思います。特に相手に苛立っている時や不満に思っている時というのは、言い方がきついと感じやすいと思います。

もし言い方がきついと後悔をしたのであれば、感情的になっていなかったのか、相手に八つ当たりするような感じで言い放っていなかったのか、反省をしてみましょう。反省は人の心に深く残るものなので、次こそは感情的にならないようにと自分の中でセーブが出来るようになってきます。

言い方がきつい時は何らかの感情が盛り上がっている、それを意識してみると感情のコントロールも上手くなってくると思うので、言葉の刃で人を傷つけないように気を付けてみてくださいね。

  

スポンサーリンク

日頃から言葉遣いを意識してみる

 言い方がきつい人の中には、日頃の言葉遣いが荒々しかったり、常に言い方がきつい人もいます。言葉は癖とも言えるので、そんな言葉遣いをしている人にとってはそのつもりがなくとも、言い方がきついと思われてしまう、または自分で言い方がきつかったかもと感じてしまうのは、とってももどかしいことですよね。

そんな人は誤解をされないためにも、そして言い方がきつい自分から変わるためにも、日頃から言葉遣いを意識してみるようにしましょう。言葉遣いを変えるのは恥ずかしいと思いますが、荒々しい言葉遣いよりも穏やかな言葉遣いのほうが後々メリットを感じられる場面も多いと思うので、よほど拘りがない限りは変えようと思って損はありません。

日頃から言葉遣いを意識する癖をつければ、言い方がきついと感じられる場面も減ってくるはずなので、全体的に言葉遣いが刺々しいという人は意識をしてみるようにしましょう。

  

周りに注意をしてもらう

 言い方がきつい、それは癖になっている場合もありますよね。言葉は無意識に出てしまうものでもあるので、もしいつも言い方がきついと感じてしまうのであれば、周りに手助けをしてもらうのも改善法の一つになります。

例えば、言い方がきついのを直したいから、もしそうなっていたら注意をして欲しい、と頼んでみましょう。そうすると、周りの人は遠慮なく言い方がきついと感じた時に指摘をしてくれるようになりますよね。

言い方がきついというのは、周りの人にとって指摘しづらいポイントでもあるので、いくらそう思っていても直接本人には言い辛いものです。しかし本人が直したいと協力をしてきたら、指摘しやすいですし、自分としてもどのタイミングやどの言葉が言い方がきつい状態になっているかわかりやすいですよね。

指摘されると直そう、気をつけようという意識が続いていくので、言い方がきつい自分から卒業しやすくなるのです。

  

いかがでしたか?

言い方がきついというのは自分も辛いものですし、その言葉を受け取った本人、そしてそれを聞いていた周囲の人間も複雑な気持ちになってしまうものです。時には言い方がきついほうが良い場合もありますが、基本的に言い方はきついよりかは優しいほうがメリットの部分も大きいので、言い方がきついことが多い人は、今回紹介した改善法を参考にして言い方が優しくなれるように意識をしてみましょう。

 

 まとめ

 言い方がきつい…と自分で思った時の5つの改善法

・言い方がきつかった、と相手に謝る
・同じ言葉でもどうすれば柔らかくなるか考えてみる
・感情的になっていなかったか反省をする
・日頃から言葉遣いを意識してみる
・周りに注意をしてもらう


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!