視線で好意を伝える5つのコツを知っておこう

視線で好意を伝える5つのコツ視線で好意を伝えるのは難しい感じがしますが、実際はそこまで難しくないのです。視線はその人の心理を表すものであると同時に、相手の心理を刺激するものでもあると言えるでしょう。

そのため視線で好意を伝えることが出来れば、相手の心理を刺激し、こちらに意識を向けることも夢ではないのです。

そこで今回は視線で好意を伝えるコツを5つ紹介していきます。視線で好意を伝えたい、視線で相手の心理を刺激したい…恋愛において強力なテクニックなると言っても過言ではないので、気になる人はチェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク


 

 視線で好意を伝える5つのコツを知っておこう

 

上目遣い

視線で好意を伝える王道の方法と言えば上目遣いですね。上目遣いを上手く使えば相手に好意があることを匂わせられますし、同時に相手の意識をこちらに向けることも出来ます。

特に男女は身長差があることが多いので、男性の目を見つめれば自然と上目遣いになりますよね。そんな状態でも軽く上目遣いを意識するような感じで視線を送れば、より好意を意識させ、相手の気を引くことが出来るのです。

ただし上目遣いは眼力を入れすぎてしまうと睨みつけている状態になるので、そこだけは注意が必要です。潤んだ瞳での上目遣いは最高の視線アピールに繋がるので、ここぞという時には潤んだ瞳と上目遣いの視線コンボで相手に好意を伝えていきましょう。

 

じっと相手の瞳を見つめる

視線で好意を伝えるには、じっと相手の瞳を見つめるのも効果的です。じっと異性から瞳を見つめられたら誰でもドキっとしてしまうものですよね。

もしかしたらこの人は自分に好意があるのかな?という気持ちにもなってきます。視線で好意を伝えるというのは、好意をどれだけ匂わせられるかが重要なポイントなので、相手の瞳をじっと見つめて、あなたに夢中だと視線で伝えていきましょう。

瞳を見つめる視線に人は好感を持ちやすいとも言えるので、日頃から好意を向けている人への視線は、瞳を見つめることを意識しておくと良いでしょう。

 

唇から目へ、と視線を変えていく

視線で好意を伝えるためには、ちょっとしたテクニックも必要です。女性ならば好意を漂わせて男性からアピールしてほしいと考えている人が多いですよね。そのためには男性が思わずドキっとして、さらには女性に夢中になってしまいそうな視線を送ることが効果的です。

そこでオススメしたい視線テクニックというのが、まずは男性の唇を見つめて、そのあとに目に視線を移すというテクニック。唇を見つめることによって伏せ目がちになるので、セクシーな雰囲気を漂わせることが出来ます。

そのあとに目に視線を送れ、自然と上目遣いになるでしょう。そんな色っぽく、可愛らしさも出せせる視線テクニックに男心は激しく刺激されるため、男性の興味を一気に引くことが出来るのです。

恋愛ドラマでも使われているテクニックなので、ここぞというタイミングでこの視線テクニックを使い、好意を漂わせ相手との距離をぐっと縮めていきましょう。

スポンサーリンク

目を泳がせて緊張感を演出する

視線で好意を伝えるためには、ちょっとしたあざとさも必要です。特に二人きりの時に使いたい視線テクニックなので、可愛いと思われたい場合には試してみてください。

そんな視線テクニックというのが、二人きりの時に緊張感を漂わせるというものです。二人きりになった時、ちょっと緊張した感じで、落ち着かなさを出すように軽く目を泳がせてみましょう。

あまりきょろきょろすると挙動不審になりますが、ちょっと焦って緊張している感じは、相手に「もしかして意識されているのかな?」と思わせることが出来るので、好意を間接的に伝えられるというわけなのです。

男性はそんな女性の姿に心が鷲掴みにされますし、可愛らしいという感情を抱くようになります。これは、男性がしたとしても、女性に思わせることが出来るでしょう。

結果として次第に好意に変わっていきますので、二人きりでここぞという時には緊張感を出す視線で相手の心を掴むようにしましょう。

 

視線があったら柔らかく微笑む

視線で好意を伝えるためには、視線があった瞬間、柔らかく微笑むのがポイントです。目があったと思うだけでも少なからず好意を感じてしまうものなので、そんな状態から微笑まれれば相手の心は激しく刺激され、好意を強く感じ取るのです。

なかなか視線があった時に微笑むというのは難しいものですが、だからこそ試す価値があります。簡単に出来るものではないとわかっているため、された側は強く好意を感じ、意識していくのです。勇気を出して視線があったら柔らかく微笑んでみましょう。

 

いかがでしたか。

視線で好意を伝えるのは意外と簡単です。相手がどう受け取るか、を考えてみるとどうすれば良いのかコツが掴めてくるので、今回紹介した視線テクニックを参考に、好意を視線で伝えていきましょう。

 

まとめ

視線で好意を伝える5つのコツを知ろう

・上目遣い
・じっと相手の瞳を見つめる
・唇から目へ、と視線を変えていく
・目を泳がせて緊張感を演出する
・視線があったら柔らかく微笑む


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!