メールを無視する人の5つの心理とは

メールを無視する人の5つの心理とは

メールを送ってもなかなか返事がなく、無視をする人ってよくいませんか?メールは今ではとても大切なコミュニケーションのツールの一つです。メールのやり取りの仕方ではその人の人間性も良く分かりますよね。せっかく送ったメールも無視をする人には、一体どんな心理があるのでしょうか。

いつまでも返信がこないと送った人は不安になる場合もありますよね。時にはメールが原因で、大切な人間が崩れてしまう事もあります。簡単にできる返信すらしてこない人、そんなメールを無視する人の気になる真理についてご紹介します。


スポンサーリンク


 

メールを無視する人の5つの心理とは

 

面倒くさがりの人

メールを無視する人の大半が、とても面倒くさがりの人が多いことが特徴です。メールの内容はしっかり読んでいるのですが、返信メールをすることがとても面倒で、そのまま放置してしまう場合があります。送った側にすると、メールを読んでもらったかどうかとても不安になる場合がありますよね。

再度のメールで、初めて返信をする人が沢山います。人間関係を築く為にも、メールのやり取りはとても大切です。忙しくて返信をする時間がない場合もありますが、一言だけでも返信をすることが、メールを送ってくれた人に対するマナーだと思いましょう。

 

大切な内容でない場合のメール

 単なる天候の話、意味のない内容、それほど緊急性のないメールの内容の場合には、返信をせずにそのまま無視してしまう人がいます。解釈の違いが特徴ですね。送った人にすると、とても大切なことなのに、読んだ人にするとそれほど意味のない事に感じられてしまう、そんな温度差のあるメールの場合には無視をされる場合もあります。

メールはキャッチボールのようにいつまでも繰り返し続くことばかりではありません。メールが苦手な人もいますし、コミュニケーションとして使わない人も多く存在します。メールの内容によって返信をするかどうか、受け取り側が判断することが良くあります。友達関係の場合はまだしも、ビジネスメールの時には注意をしないといけません。

 

わざとメールを返信しない心理

 喧嘩した相手や、あまり良く思っていない人、そのような場合のメールは、返信をすることで自分の意思表示をすることになります。返事を送らない返事、ということを意識的にする場合があります。このようなメールの無視は感情表現の一つとして、相手との関係を避けている場合が多いのです。

無理に何度もメールを送る事は更に関係を悪化させてしまう事につながります。思いあたることがある場合には、時間をおいてからメールをするとよいでしょう。返信を求めていないメールの場合には、そのまま無視をしても大丈夫ですが、大半の場合、送った人は何かしらの返事を期待しているものです。無視をすることは、その人の感情の表れで、喧嘩中の場合などによくあります。

スポンサーリンク

タイミングを気にする人

 メールの返信はタイミングがとても大切です。無視をしているのではなく、返信する時がわからない、そんな人も多くいますよね。特に送り側の生活を気にして、忙しそうな時間を避けたい、夜遅くの時間帯は迷惑になる、など神経質になりすぎていると結局メールを返信するタイミングがなく、無視をしたと思われます。時間が経ってから気がついたメールは特に、返信をするタイミングも難しくなります。

いつも顔を合わせる相手ならばまだしも、メールがメインになる人間関係の場合には、やり取りをする頻度やタイミングはとても重要になりますよね。全てのメールが返信が必要な内容ではありません。しかし大切な人の場合には、時間が経ってからでも返信をすることが必要です。

 

異性の場合

好きな人には、メールがとても大切なコミュニケーションのツールになります。しかし送っても返信がこない、無視をされる、相手にしてみると興味のない相手には誤解を招かない為に、わざと返信をしないことがあります。メールの返信をすることで、相手に気があると思われたくない、そのような恋愛感情が関係した相手には、返信メールも慎重になってしまいます。

好きな人に何度メールを送っても無視をされる、それはアプローチが失敗した可能性もありますね。恋人同士でも同様に、謝りのメールが無視されるような場合は、感情の表れとして理解しないといけません。メールはその状況や内容により、期待通り返信がくるとは限りません。無視をされる原因がないかどうか、よく考えてみることをオススメします。

 

いかがでしたか?

メールはとても便利に使える為、簡単な内容でも相手とつながる事が出来ます。しかしメールはマメにやり取りをする人ばかりではありません。返信を期待しすぎる事も良くありませんが、どうしても無視をされたくない内容であれば、電話で話すか、もしくは直接話をするなど、方法も工夫したほうが安心です。

コミュニケーションとしてメールを使うことが一般的になりましたが、いつでもできることがかえって相手には迷惑となる場合もあるのです。よい人間関係を維持する為にも、メールのやり取りは注意したいですね。

 

まとめ

メールを無視する人の5つの心理とは

・面倒くさがりの人
・大切な内容でない場合のメール
・わざとメールを返信しない心理
・タイミングを気にする人
・異性の場合


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!