音信不通になるのはなぜ?5つの心理

音信不通になるのはなぜ?5つの心理音信不通になっている知り合いがいませんか?頻繁に連絡を取っていても、気がついたら今どこにいるのか、何をしているのか、まったく連絡がない人って必ずいますよね。音信不通になるのは、どんな心理があるのでしょうか。連絡を取らなくなった友達などは、特に喧嘩をした訳でもないのに、いつの間にか連絡を取り合う事がなくなっています。なぜそのようなことになるのでしょうか。

そこにはとても不思議な心理があるのです。音信不通になるにはいくつかの理由がありますが、心理的な面から見た場合の理由をご紹介しましょう。


スポンサーリンク


 

音信不通になるのはなぜ?5つの心理

 

警戒心がある場合

音信不通になる心理には、相手からのアプローチをされたくない、という警戒心や、更に深い付き合いになるのが嫌、という場合に自分から連絡を取ることをしなくなります。そして相手からの連絡にも返事をせずに、警戒しながら相手の行動を見ている場合があります。音信不通になってしまうのは、連絡をしないほうにかなり身がって理由があることが多いのです。

恋愛の場合には、気のない相手と連絡をやりとりしてしまうことで、好きなんだと誤解をされたくない、という自分を守るためにも音信不通にしてしまう心理があります。しかし直接相手に伝えることもしない為に、いつのまにかお互いの連絡を途絶えさせてしまうことになってしまいます。

 

自然消滅をしたい場合

気のない相手や、付き合っている相手とはっきり別れ話が出来ない場合、連絡を突然しなくなり音信不通で自然消滅をしたい、という心理があります。相手にはっきりと自分で伝える勇気がない為に、連絡を取らないことで、相手には自分の気持ちが通じるだろうと誤解をしています。音信不通にして嫌な人から離れたい、という事はとても身勝手な行動です。

しかし実際にはこのように突然音信不通になり、付き合いがなくなってしまう人はいることも事実です。恋愛関係にある場合には、どんな場合にせよ必ず話をして解決することが必要になります。連絡をしない連絡、というのは都合がよい対応の仕方ですよね。勇気を出して連絡を取ることが大切ですね。

 

距離をおきたい場合

人によっては連絡をこまめに出来ない人がいます。性格的なことも関係していますが、あまりにも頻繁に連絡がくると面倒になり、距離をおきたくなる心理があります。自分のスペースを確保したい、という方には音信不通に必然的になってしまいます。特に受身形でいる人には、自分から連絡をする事が少ない為に、相手から連絡が減ってしまってもそのままでいることが多いです。

二人の関係がうまくいかなくなった時には、しばらく距離を置くことも大切です。音信不通になることで、それぞれが冷静に考える時間を持つことも出来ます。一旦このように音信不通になって距離をおくカップルは、半分以上がそのまま消滅してしまうケースがほとんどです。しかしどちらかがいつまでも連絡を待っている場合もありますので、必ず話をする事が必要ですね。

スポンサーリンク

連絡が出来ない状況

音信不通になった時に、いい訳として使われるのが、連絡が出来なくなったという場合です。そのようなことは稀にありますが、携帯電話を無くして連絡先が分からない場合もあります。自分から連絡を取ることが出来ない為に、新しい携帯電話をゲットしても相手からの連絡待ちになってしまいます。

もしくは急に引越しをすることになった場合や家族や自分が怪我をした、病気になったなどの突然の場合もあります。意識的に音信不通にしたのではなく、アクシデントとして連絡がとれない状況になる場合も実際にはあるのです。このような場合には、気を長くして連絡を待つしかありません。もしくは共通の知り合いを通して、連絡を取れない状況を調べる方法もあります

 

面倒くさがりの人

 連絡が基本的にこまめに出来ない人は沢山います。特に用がない時には連絡をしてこない、そんな人は相手からの連絡がなければ自分から連絡をしてくることはありません。単なる日常会話をするために、連絡をするのはとても面倒だと感じる人はとても多いですよね。男性に多くありがちなパターンですが、音信不通になってもこのような面倒くさがりな人は、状況をそのままにしておくことも特に気にならないようです。

しかしカップルの場合には、お互いの気持ちを確認するためにも、定期的に連絡を取ることが重要です。しばらく音信不通にするということは、相手にも失礼になりますよね。簡単な内容でメールを送るだけで良いのです。面倒に考えすぎない方がいいですよ。

 

いかがでしたか?

音信不通になるといつまでも連絡を待っている人もいます。自分から連絡を取ることに抵抗を感じてしまうと、なかなか連絡を再開することも大変です。それぞれの心理によって、音信不通になるのは理由があります。

しかし相手をいつまでも待たせてしまうことはとても可哀想な事ですから、連絡をしない理由はどんな場合でも相手に伝えることが大切です。簡単な連絡だけで、大切な人間関係をいつまでも続けることができることをいつも覚えておきましょう。

 

まとめ

音信不通になるのはなぜ?5つの心理

・警戒心がある場合
・自然消滅をしたい場合
・距離をおきたい場合
・連絡が出来ない状況
・面倒くさがりの人


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!