言い方を変えると人間関係がうまくいく5つの方法

言い方を変えると人間関係がうまくいく5つのパターン言い方を変える、というのは人間関係をスムーズに進めていくためには必要不可欠なことだと言えます。しかしなかなか言い方を変えるというのは簡単に出来るものでもなく、やりたいと思っていたタイミングで出来なかった、あとから言い方を変えればよかった、と反省する場合もあるでしょう。言い方を変える、それを咄嗟に出来れば後悔することもありませんし、より人間関係を円滑に進めることが出来ますよね。

そこで今回は言い方を変えると人間関係が上手くいく5つのパターンを紹介。どうすれば言い方を変えることが出来るのか、いざという時に言い方を変えて言葉を、気持ちを伝えるにはどうすれば良いのか、今回は言い方を変える方法について見ていきたいと思います。もし言い方について少し気をつけたい、言い方を変える努力をしたい…そう望んでいる人は是非注目してみてください。きっと為になるはずですよ。


スポンサーリンク


 

言い方を変えると人間関係がうまくいく5つの方法

 

語尾を優しいものに変えてみる

語尾を変える、というだけで人からの印象が大きく変わるってご存知でしたか?言い方一つで何も気にしない人もいますが、中には言い方、特に語尾によって怯んでしまったり、近寄りがたい…と感じてしまう人もいるのです。

例えば語尾がないとぶっきらぼうな感じがしますよね。何か意見を述べる時「○○」と言い切ってしまうのは投げやりでぶっきらぼうな感じがして、近寄りがたい雰囲気が出てしまいます。

「○○だろ」というのも突き放した感じがして、苦手だと感じてしまう人もいるでしょう。そのため「○○だよね」「○○ですよね」と語尾を優しいものに変えてみると、言い方全体が変わっていき、優しい雰囲気を作り出すことが出来ます。喋り方が優しい人、言い方が優しい人というのは人間関係をスムーズに進められる人でもあるので、人間関係をより良くしたい、もっと周りから好かれたい、その場合には語尾に注目してみてくださいね。

 

相手を決めつけるような口調は避ける

人間関係がなかなか上手くいかない、という人は相手を決めつけるような口調になっていないか自身の言動を振り返ってみましょう。相手を決めつけるような口調は、自分の意見を相手に無理やり押し付ける、相手を否定するような雰囲気が出てしまうので、どうしても人間関係に支障をきたしやすい言い方になってしまうのです。

例えば「それって○○じゃん!」「いや、こうでしょ」と相手を否定してしまうような言い方、というのは意外と無意識に誰もがやっているものでもあります。言い方、言動というものは癖になってしまうもので、そういったことが多いと、人を否定してしまう人間になってしまうというわけですね。

言い方を気をつけたい、人間関係をうまく進めていきたい、その場合には少し落ち着いて会話を心掛けてみてください。相手を決めつけるような口調をしていないか、もししているならば、言い方を考えてみると人間関係をスムーズに進められるはずですよ。

 

肯定をしてから、否定をしてみる

肯定をしてから否定をする、というのも言い方を変えると人間関係が上手くいくパターンです。人は否定をされれば嫌な気持ちになりますよね。言い方は癖でもあるので、否定をする癖がある人は毎日無意識に様々な意見や人を否定してしまっているってご存知でしたか?そう考えると、人を嫌な思い、悲しい思いにさせていると考えると、人間関係が上手くいっているとは到底思えませんよね。

そこで肯定をしてから否定をする、という言い方に変えてみましょう。相手の意見や考えをまずは肯定することによって、その人自身を最初に認めることが出来ます。これにより人は相手と同じ立場、土俵に立ったと思えるので、その後のやり取りもスムーズに進められるというわけですね。

なかなか肯定をしてから否定をする、というのはスムーズに出来るものでもありませんが、言い方を変えたいと思うのであれば日頃から落ち着いた会話を心掛けてみてくださいね。

スポンサーリンク

自分の考え、として相手に伝える

言い方を変える時の意識をしたいポイントとして、何か意見を相手に伝える時には、自分の考え、として相手に伝えるように心掛けてみましょう。例えば「ここはこうだよ」という意見を相手に伝えたとすると、相手は「一般的な意見」「正しい意見や考え」と認識をしてしまう場合があります。そうなると自分の考えがその意見と違っていた時、自信喪失をしてしまったり、自分はやっぱりダメなのかも…と意気消沈をしてしまうというわけですね。

そこで何か自分の意見や考えを伝える時は「私はこう思う」と、あくまで個人的な意見として伝えるようにしましょう。意見はいくつもあるものですが、人は総合的な、一般的な意見と自分の意見がぶつかった時、どうしようもなく萎えてしまう生き物でもあるのです。

自分の意見、という言い方に変えると相手としても自分の意見を伝えやすくなりますし、何より心を開かれている感じがして気分も良くなります。人間関係がうまくいくポイントにもなるので、自分の意見はしっかりと自分の意見、考えであると伝えてみましょう。

 

正論は言い過ぎない

言い方を変えるというのは、言わない、という選択肢を持つことでもあります。特に正論に関しては何でもかんでも伝えてしまうと相手の意思ややる気をへし折ってしまうことになるので注意が必要というわけですね。実際正論ばかりをぶつけられると、人は自分のことを否定されている気持ちになってしまい、心が折れてしまうものなのです。

そこで人間関係をうまく進めていきたい、人間関係を重視したい、そう思うのであれば正論があったとしても、時には言わない、という選択をしてみましょう。正論は士気を上げますが、時には下げるものでもあります。今正論を言えば相手を傷つけるかもしれない、やる気を損なわせてしまうかもしれない…正論を言う時にはそういったことを考えてみましょう。

また、正論を言うと選択をしたとしても、冷たい言い方では相手を怯ませてしまう恐れがあるので、出来るだけ優しい言い方を心掛けてみてくださいね。

 

いかがでしたか?

言い方を変えると人間関係がうまくいくパターンを5つ紹介してきました。言い方を変えるというのは難しいのも事実です。しかし一呼吸を置いて意見を伝えてみたり、言葉選びを慎重にしてみたり、あえて言わない、という選択をしてみると言い方も少しずつ変わっていき、人間関係にもその努力は影響をされていきます。

言い方一つで人間関係は大きく左右される、そう思うと相手との会話もじっくり楽しむことが出来るようになりますし、それがまた人間関係をより良くしていくポイントになっていきます。

言い方を変える、人間関係を良くしたい、そう思ったならば今回紹介した5つのことを参考にして、自身の言い方について今一度考えてみましょう。言い方を変える、その意思さえあれば、人間関係をより良く出来る言い方にきっと変われるはずなので、自信を持ってくださいね。

 

まとめ

言い方を変えると人間関係がうまくいく5つのパターン

・語尾を優しいものに変えてみる
・相手を決めつけるような口調は避ける
・肯定をしてから、否定をしてみる
・自分の考え、として相手に伝える
・正論は言い過ぎない


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!