好意を伝えるのが上手な女性の5つの特徴

好意を伝えるのが上手な女性の5つの特徴 自己改革

好意を伝えるのが上手な女性の5つの特徴好意を伝える時に自分の気持ちを半分隠しながら、相手にうまく伝わらないということがありませんか。恋愛上手に共通するのは、相手が喜ぶように好意を伝えることができる点。

誰でも、自分のことを褒めてくれる人や好感を持って接してくれる人にはとても嬉しい気持ちになり、相手にも同じ態度で接したくなりますよね。恋の始まりは、誰かがスタートさせないといけませんが、一番初めのステップになることが好意を伝えること。

その時にちょっとしたコツを頭に入れておくと、相手とスムーズに気持ちが通い合います。では、どんなタイプの女性が好意を伝えるのが上手なのか、お手本にしたい特徴点についてご説明しましょう。


スポンサーリンク


 

好意を伝えるのが上手な女性の5つの特徴

 

相手の話をじっくり聞く

好意を伝えるのが上手な女性は、決して積極的でどんどん自分からアプローチする人ばかりではありません。

気持ちを伝えるのは、言葉や仕草だけではなく心の通い合いがとても大切になりますので、相手が一緒にいると居心地が良くなるようなタイプが理想的ですよね。

いつも話をする時にじっくりと聞いてくれる人、何かあった時に相談したくなる人がいますが、このタイプの女性は真摯な態度が気持ちとして相手に伝わり、言葉がなくても好意を寄せていることが分かります。

恥ずかしくて自分から近づけない時は、まず良い聞き役になって特別な存在になることを目指してみましょう。

好意を伝えるためには、信頼してもらう人になることが重要なので、話をしっかり聞いてくれる人だと思うと、男性も心を許しやすくなるでしょう。

 

褒め上手でモチベーションを上げる

好きな人には正直な気持ちで接することが一番大切ですが、好きな部分をはっきり伝えるのはとても恥ずかしいですよね。

そんな時は、褒めながら徐々に自分の気持ちをプラスして、相手のモチベーションをアップさせてください。

好意を伝えるのが上手な女性は、誰に対しても嬉しくなるようなコメントを自然と伝えることができます。

本心なのかお世辞なのか、見分けがつかないほど上手なので男性ならすぐに信じてしまうでしょう。

自分のことを褒めてくれる人の存在はとても大切ですが、それだけではなく相手に対しても同じように喜ばせてあげたいと思いますよね。

そんなやりとりする関係が続くと、自然と自分にとってかけがえのない人になっていくので、褒め上手は好意を伝えるのがうまいことと通じる部分があるのです。

 

ほどよいスキンシップをプラスする

好意を伝えるのがうまい女性って、男性がキュンとなるような仕草や態度がとても上手で、スキンシップを適度にプラスしながらコミュニケーションができるもの。

好きな男性のそばに行ったら手をつなぎたい、腕をギュっとつかみたいと思うのは、とても自然な気持ち。

でもいきなりスキンシップをするのは、相手が戸惑ってしまう要因ですよね。自分の欲求をうまく表現できる女性は、決して相手にうっとうしいと思われるような行動はとらないはず。

自然で、ちょうど良いレベルはとても好感度が高いのです。たとえば気になる男性のそばに立ち、腕がふれる程度の距離にぴったり立つ。

もしくはシャツの襟を直してあげるなど、スキンシップなのかたまたまなのかわからないようにして、上手にアピールしているのです。

スポンサーリンク

視線を合わせてコミュニケーションする

もし相手が全然その気がない場合でも、ちょっとした瞬間に特別な存在に見えることってありませんか。

好意を伝えるのが上手な女性の特徴は、コミュニケーションをとる時に相手と視線を合わせて特別なメッセージを送るところ。

言葉では伝えられないことを瞳のなかでアピールして、相手がドキッとするようなアイコンタクトが得意なのです。

たとえば「おはようございます」と挨拶をするだけでも、一言交わしてすれ違うより、相手と一度目を合わせてから挨拶したほうが、ちょっと意味深になりますよね。

「もしかしたら俺のことが好きかも」そんな期待感を残すコミュニケーションをとるので男性にとっては刺激的な存在に。

また話を聞く時に、相手の目を見ないでスマホをいじりながら聞く人は、気持ちが入っていないため単なる友達として見られてしまうでしょう。

今よりも一歩踏み込むなら、アイコンタクトで好意を伝えることも大切なのです。

 

冗談交じりで相手を困惑させる

「前からずっと好きだったんです」、「〇〇さんみたいな彼氏作るのが夢です」など、本気なのか冗談なのかわからない女性からのメッセージに対して、男性はとても困惑しますよね。

このようなアプローチをされて嫌な人はいませんし、男性ならさらに有頂天になってしまうでしょう。

真面目な顔をして言いたいことは、勇気が出ないとなかなか言葉になりません。そんな時に好意を伝えるのが上手な女性は、冗談交じりに自然に気持ちを相手にアピールしているのです。

本気がどうかわからないけれど興味を持っている様子、それだけでも男性は特別な存在として扱ってくれるもの。

好きですと言いたい時は、ちょっとふざけながら相手の気持ちを確かめるのも良いでしょう。嫌いな人なら、たとえ冗談でも告白されたらあまり嬉しい顔はしないものです。

 

いかがでしたか。

好きな人に好意を伝えるにはどんな言葉で言ったらいいのか、タイミングはどうするべきか迷う点が色々あるでしょう。

まずは相手に自分の存在を知ってもらうために、何かしらのアプローチをしてください。さりげない天気の話やニュースの話など。

コミュニケーションのチャンスが増えるほど、本音で語れるようになってくるのです。

 

まとめ

好意を伝えるのが上手な女性の5つの特徴

・相手の話をじっくり聞く
・褒め上手でモチベーションを上げる
・ほどよいスキンシップをプラスする
・視線を合わせてコミュニケーションする
・冗談交じりで相手を困惑させる

こちらの記事も関連しています。

>>>視線で好意を伝える5つのコツを知っておこう

スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!