言葉遣いを直すための方法で簡単な5つのもの

言葉遣いを直すための方法で簡単な5つのもの言葉遣いを直す方法がわからず、人と話をするのが不安に感じている人は多いです。言葉遣いはその人の性格や教養などを示すのもので、その場にそぐわない言葉遣いで接してしまうと、相手に大変不快な思いをさせてしまいます。

たとえば夫婦喧嘩やカップルの喧嘩のように、言い方を少し変えれば相手の気持ちを逆なでしない瞬間がありますよね。

しかし時には感情をコントロールできないことも。言葉遣いを直す方法をしっかり身に着けて、失礼のないコミュニケーションをとる必要があります。無意識の間に発してしまう言葉や表現は、どうすれば正しく直せるのか簡単な改善策を見ていきましょう。


スポンサーリンク


 

言葉遣いを直すための方法で簡単な5つのもの

 

本を読んで語数や表現力を強化しよう

気さくに会話ができる相手でも、言葉遣い次第では喧嘩になってしまうことがありますよね。言葉遣いを使い分けることは、人間関係をスムーズにするためにも大切なポイントです。

仲が良い人ほど、カジュアルなコミュニケーションができるので、さほど言葉遣いを意識したことはないでしょう。

しかし困ってしまうのが、目上の人や仕事で誰かと話をする時。言葉遣いを直す方法があれば…と後悔する場面もあるでしょう。

緊張する場面での会話は、まず失敗しないことを意識しないといけませんよね。そんな時にとても役に立つのが、読書で得られる言葉の数や表現方法です。

とくに小説は品がよい言葉遣いが多く使われていますので、文章の一部を覚えてうまく活用すると良いでしょう。文豪と呼ばれる文学作品は、綺麗な日本語を覚える良いチャンスになるのです。

 

家族や友達などいつも身近な人に確認してもらう

思ったことをそのまま口にできる間柄は、普段何気ない言葉遣いをチェックする良い環境になります。

家族や仲が良い友達には、気を遣わずにどんどん言葉を選ばずに会話が進む時も。このような関係は一番気楽でストレスがない瞬間なので、本当の自分をさらけ出しているともいえるでしょう。

言葉遣いを直す方法を習得するためには、まず普段どんな印象を会話の相手に与えているのか確認することが大切です。

自分ではきちんとした言葉遣いをしているつもりでも、受け止める人の性格や価値観で必ずしもそう受け止めてもらえないケースもあるでしょう。

客観的に自分の使う言葉を知ることも、改める良いチャンスになります。親や兄弟、恋人などに自分の言葉遣いについて、正直な意見を聞いてみましょう。また普段からきつい言い方、間違った表現などは、すぐに指摘してもらうように心がけてください。

 

年齢に合った言葉遣いを心がけよう

中高年世代の人が、10代のような言葉遣いをしているのは年齢不相応でおかしいですよね。言葉遣いを直す方法は、まず自分の年齢層に合った話し方やボキャブラリーを増やすことがポイントに。

間違った表現や、意味を間違えていることわざなどについて、あれっ?と思われるような瞬間は、後で恥ずかしいですよね。

言葉遣いはその人の生き方や暮らしぶりがわかるもので、学歴や育った環境までもなんとなく相手に伝わります。

年齢に合わせた言葉遣いをするには、できるだけフォーマルな場面で話をする機会を増やし、普段から品のある話し方を意識してみましょう。

思わずうっかりという言葉は、誰にでも経験がありますが、知らないで使う言葉と知ったかぶりで使うと聞いている人にすぐにバレてしまうのです。

スポンサーリンク

言葉遣いがきれいな人を真似よう

言葉遣いを直す方法を身に着けると、自然と身のこなしも綺麗になっていきます。教養のある人、上品な人、穏やかな人などは決して攻撃的な話し方はしません。

流行語を使うこともないでしょう。必ず自分の周辺には、綺麗な言葉遣いをする人が存在しています。このような人たちの話し方を真似すると、徐々に言葉遣いが正しく改善され自然と身についていきます。

また芸能人などもお手本にして理想とする人を頭に描きながら、同じような言葉遣いや話し方をコピーしてください。

「マジで?」と驚くよりも「本当なの?」と、本来の言葉を使う頻度を増やすことがコツ。表現方法を崩しすぎると、言葉を省略したり、まったく意味が通じなかったりする表現になってしまうことも。

そんな環境で暮らしていると、他人の影響力とは恐ろしいもので、自分も知らない間に言葉遣いが悪い人の仲間になってしまうのです。

 

古い映画を見て美しい日本語を身に着けよう

古い日本映画を見ると、とてもしとやかで静かなコミュニケーションの風景がわかりますよね。昔の日本は今の時代のような若い人達が作りだす言葉がないため、基礎的な言葉遣いがほとんど。

お手本がなくてわからない人は古い日本映画を参考にして、気に入った言葉や言い回しを覚えておきましょう。

映画は映像とともに言葉遣いを学ぶ良いチャンスになりますので、どのような場面でどうやって表現すべきか、わかりやすく習得できます。

美しい日本語をたくさん盛り込んだ素敵な日本映画をたくさん観て、正しい言葉遣いのレパートリーを増やしていきましょう。

 

いかがでしたか。

言葉遣いを直す方法は、普段何気ない場面こそ改善のチャンスになります。私たちは感情的になると本来使うべき言葉がわかっていても、つい相手に不快な思いをさせる言葉遣いになってしまうことがありますよね。

そんな場合はひとこと発する前にまずは深呼吸して、自分の姿を鏡で映している映像を頭に描いてください。

言葉遣いを直したい時は、思ったことをすぐに口にせず、自分自身に話しかけるつもりで言葉選びをするようにしてみましょう。

 

まとめ

言葉遣いを直すための方法で簡単な5つのもの

・本を読んで語数や表現力を強化しよう
・家族や友達などいつも身近な人に確認してもらう
・年齢に合った言葉遣いを心がけよう 
・言葉遣いがきれいな人を真似よう
・古い映画を見て美しい日本語を身に着けよう

☆こちらの記事も関連しています。

>>>会話がうまくなる方法ってあるの?この5つの方法を試して!

スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!