病み期かもしれない…と感じる5つの時

病み期かもしれない…と感じる5つの時病み期という言葉を聞いたことがありますでしょうか?病み期とは鬱のような感じで、精神的に酷く落ち込んでしまい、その状態が長くつづいてしまう期間のことを指します。誰しも落ち込むことはあるでしょうが、深酒を煽ったりカラオケで発散したりして、翌日にはケロッとしていられる状態ならばまず大丈夫でしょう。

しかし、この病み期は今日起こった出来事がそのまま長く落ち込んでしまう原因に直結するとも限らないようです。そこで、自分が病み期なのかな…?と感じてしまうようなシチュエーションなどを探っていきたいと思います。


スポンサーリンク


 

 病み期かもしれない…と感じる5つの時

 

全てに対して無気力

 普段なら趣味の時は心底楽しんでいるし、飲み会でもはじけているはずなのに、ここ最近そういう楽しめる場面においても興味がなかったり、気力が湧いてこなかったり。こんな時は病み期の前兆かもしれません。

気が付くと全てのことにおいて、やる気がなくなってしまいます。いつもなら当たり前のように、自然の流れで行えるはずの朝の支度も面倒になり、やがては起きることすら面倒になってしまう。そんな状態に陥ったらまさに病み期でしょう。

これが単に怠けているだけならば、やりたくないからやらないだけで済むのですが、やらなければいけないという意識があるのにやりたくない、やれないという葛藤に悩むわけです。ちなみに、こういう状態は「精神運動抑制」と呼ばれています。

 

思考能力が働かない

 ああして、そうして、こうすればオーケー。仕事であっても、家事であっても、勉強であっても、人は大抵このような段取りを考えて、その通りに行動していきます。しかし、その段取りをすることができない、段取りすら考えることができない。こういう状態も病み期の始まりと言えるでしょう。

最初のうちは、疲れて頭が働かないだけ、勘が鈍っているだけ、そう感じるだけでしょう。しかし、段々と一つ一つの動作が緩慢になってきたり、口数が減ってきたり、物忘れが激しくなったり…そうなった時には病み期のまっただ中にいるといってよいでしょう。

 

マイナス思考

 元々ネガティブ思考の人はいます。しかし、全てのことにおいてネガティブなわけではないはずです。自分が苦手としていること、嫌なことに対して防御の力が働くためにネガティブ思考が働くわけです。

ところが、思い当たる節もないのにわけもなく焦燥感のようなものに襲われる、どんなことに対しても面白いとか楽しいという感情よりも先に不安だけがよぎってしまう。更に病み気が進んでしまうと、わけもなく涙が流れて止まらなくなってしまうことも。そして、そんな自分に嫌気がさしてしまう。まさに負のスパイラル、病み期地獄です。

スポンサーリンク

5時から男

 昔こんなフレーズのCMがありました。きっかり5時からという意味ではありませんが、朝は全然元気がないのに、夕方になると段々楽な気持ちになってくる。こういった状態も病み期の一つです。

朝は動けない分夜は元気になる。そして翌朝はまたダメ。この繰り返しが続いてくるとなかなか脱することはできません。でも1日中気力がないわけじゃない、夕方からは元気なのだからそのうち何とかなるだろうと考えてしまう。これが良くないことなのです。すでに病み期に入っている状態ですので、そう簡単には何とかならないことを知っておくべきなのです。

 

 性欲減退

 人間の本能の一つである性欲。具体的な性行動というレベルまで考える必要はありません。ただ、気分的に沈んでいても異性への関心ぐらいは自然と沸き立つはずです。本能ですから。しかし、その気力すらないとなれば病み期といえるでしょう。

性欲の他、食欲や睡眠欲においても同じことが言えます。本能に従えない状況というのは自律神経に異常をきたしている証拠です。

 

 いかがでしたか?

病み期という言葉が便利に、都合よく使われてしまっている風潮もあるようですが、実際に苦しんでいる人がいるのも事実です。ただ、あくまで病み期であっていつかは自力で脱せる、自分は決して「うつ病」なんかではないと思いたくなるという気持ちもまた本当なのです。

病み期なのかうつ病なのか、それは決して自分一人で判断できることではありません。ここに書かれていることで、自分に思い当たる節があれば、一刻でも早く心療内科の受診やカウンセリングの手配をするべきでしょう。うつ病と診断されてもそれは決して恥ずかしいことではありませんし、自分を卑下する必要もありません。むしろ、病気であるとハッキリした方が前向きに進めるはずではないでしょうか。治す方法はいくらでもあるわけですから。

病み期という言葉だけに頼りすぎず、相談できる人、救いの手を差し伸べてくれる人の言葉を聞き入れる方向に進んでいきましょう。

 

まとめ

 病み期かもしれない…と感じる5つの時

・全てに対して無気力
・思考能力が働かない
・マイナス思考
・5時から男
・性欲減退


スポンサーリンク


ブックマーク Twitter Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!